*

ダルビッシュは、筋肉増強剤を使っていれば、手術回避できたのかな。

公開日: : 最終更新日:2015/04/02 野球

みなさまご存知のとおり、

ダルビッシュさんは

やっぱり手術するそうですな。

 

そうなると、議論となるのは、

中4日での登板でいいのか

ということだと思います。

 

大リーグでは、

中4日で登板させることを重視し、

投球数や投球イニングの制限を

しています。

 

一方、日本ではその逆で

中5~6日での登板となり、

投球数や投球イニングは

大リーグより多いとされています。

 

ん、でも、最近、日本でも

投球イニングは

少ないような気がしますけどね。

 

要するに、

大リーグは身体への負荷を低くして

当番数を増やす。

日本は身体への負荷が高いが

当番数は少ない傾向。

 

果たして、

どっちが身体に負担になるのかな

ということですが、

たぶん個々の身体の使い方や

回復能力によって

大きく変わってくると思います。

 

ダルビッシュさんは、

球数より投球間隔をあけた方が

ベターという話をされていますが。

 

んで、ここにきて

登板間隔4日というのは、

筋肉増強剤によって可能となっていた

なんて話が出てきました。

正直、驚きです。

こんなにはっきりと、

こういうタブー的な話が出てくるとは。

(後半につづく)

 

 

多くの人は、

筋肉増強剤という名前から

薬物に対する勘違いをしています。

 

筋肉増強剤って、

名前のとおり、

筋肉がどんどん発達させて強くしていく

お薬というイメージだと思われます。

 

上記の記述は間違いではないですが、

薬が筋肉を発達させるわけじゃない。

 

薬自体が筋肉を発達させるというよりは、

薬は身体の回復を促進するので、

結果的に筋肉が発達する

というわけなのです。

 

今回のような記事だと

筋肉増強剤で筋肉が強くなるから

たくさん投げられるようになる

というよりは、

筋肉増強剤で回復が早まるから

たくさん投げられるようになる

と解釈するほうが自然です。

 

よく、お薬の話をすると

筋肉をより発達させるために

楽して使っている

という印象があると思います。

しかし、その考え方は正しくありません。

 

お薬を使うから、

よりハードに鍛えることができる

でも回復が早い

だから筋肉が発達するのです。

楽をするのではなく、

きつい思いをするために

使っているというわけです。

 

だからといって、

薬物使用は

勧められたものではないですけどね。

(おわり)

 

>

関連記事

常総学院、16安打・13盗塁じゃあ、まだまだ甘いよ

全国区の有名校・名門の 茨城県代表・常総学院(私立)と 初出場・無名校(ごめんなさい)の 鳥取

記事を読む

中京大中京 名電に逆転勝ち 4番伊藤寛・エース上野の活躍で27度目の甲子園

中京大中京・エース上野はストレート一本勝負、名電・エース福本

記事を読む

カープ7連勝は堂上剛裕に阻まれた。マエケンは自滅だな。

カープの連勝が6で止まった。 7連勝できなかったのは、 非常に痛いと思う。 連勝が止まった

記事を読む

巨人 菅野8回3安打10奪三振 澤村〆 人工芝のバウンドで勝利。アンダーソンのエラーは勘弁。

今日の巨人・広島戦 前回の3連戦も 菅野投手と前田健投手の 投げ合いがあって、 その時は

記事を読む

カープ、泥沼7連敗。また延長で敗戦。大瀬良は9回に力尽き、一岡はまた負け投手。

今日は、キムタク選手の命日ですが、 キムタク選手はどっちを 応援しているんだろうか そう考えて

記事を読む

フロントドアってなに?

フロントドアは、車のドアだと思っていました。 やっぱり、今日も野球ネタになっちゃいましたけど・・・

記事を読む

ロッテ 田中英祐投手が京大初の1軍先発か。2軍で防御率0.00。

今日は、東京六大学野球の開幕ゲーム。 東大野球部が、はたして連敗を 止められるかが見所ですね。

記事を読む

センバツ優勝は智弁学園・11回裏エース村上サヨナラ打。5試合完投1人で投げ抜く

智弁エース村上決勝打。高松商、11回裏ファインプレー

記事を読む

ロッテ 田中英祐は初回連続四球・4失点。3回6安打5失点でKO。

今日のQVCマリンは、 マリンフェスタという ロッテのファン感謝デーと併せて 田中英祐投手

記事を読む

京大の田中くん

京大出身の田中くん 何かあるたびに「京大」がつきまとう。 ロッテの田中でいいんじゃないかと思うけ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2018年4月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑