*

ダルビッシュは、筋肉増強剤を使っていれば、手術回避できたのかな。

公開日: : 最終更新日:2015/04/02 野球

みなさまご存知のとおり、

ダルビッシュさんは

やっぱり手術するそうですな。

 

そうなると、議論となるのは、

中4日での登板でいいのか

ということだと思います。

 

大リーグでは、

中4日で登板させることを重視し、

投球数や投球イニングの制限を

しています。

 

一方、日本ではその逆で

中5~6日での登板となり、

投球数や投球イニングは

大リーグより多いとされています。

 

ん、でも、最近、日本でも

投球イニングは

少ないような気がしますけどね。

 

要するに、

大リーグは身体への負荷を低くして

当番数を増やす。

日本は身体への負荷が高いが

当番数は少ない傾向。

 

果たして、

どっちが身体に負担になるのかな

ということですが、

たぶん個々の身体の使い方や

回復能力によって

大きく変わってくると思います。

 

ダルビッシュさんは、

球数より投球間隔をあけた方が

ベターという話をされていますが。

 

んで、ここにきて

登板間隔4日というのは、

筋肉増強剤によって可能となっていた

なんて話が出てきました。

正直、驚きです。

こんなにはっきりと、

こういうタブー的な話が出てくるとは。

(後半につづく)

 

 

多くの人は、

筋肉増強剤という名前から

薬物に対する勘違いをしています。

 

筋肉増強剤って、

名前のとおり、

筋肉がどんどん発達させて強くしていく

お薬というイメージだと思われます。

 

上記の記述は間違いではないですが、

薬が筋肉を発達させるわけじゃない。

 

薬自体が筋肉を発達させるというよりは、

薬は身体の回復を促進するので、

結果的に筋肉が発達する

というわけなのです。

 

今回のような記事だと

筋肉増強剤で筋肉が強くなるから

たくさん投げられるようになる

というよりは、

筋肉増強剤で回復が早まるから

たくさん投げられるようになる

と解釈するほうが自然です。

 

よく、お薬の話をすると

筋肉をより発達させるために

楽して使っている

という印象があると思います。

しかし、その考え方は正しくありません。

 

お薬を使うから、

よりハードに鍛えることができる

でも回復が早い

だから筋肉が発達するのです。

楽をするのではなく、

きつい思いをするために

使っているというわけです。

 

だからといって、

薬物使用は

勧められたものではないですけどね。

(おわり)

 

>

関連記事

大阪偕成 大体大浪商・大阪桐蔭を破り甲子園初出場 姫野優也・光田悠哉に注目

大阪偕成、光田⇒濱口⇒光田の継投で僅差の勝利、最後の甲子園切符

記事を読む

Gドラ3高木勇人投手。黒豆王子は開幕投手候補だった。

ここ1~2年の巨人の投手陣 を見ていると、 大切な試合を任せられるのは 菅野智之投手くらいだな

記事を読む

広島カープ ジョンソン ノーヒットノーラン達成?

初ヒットで中日に逆転を許す! 2015年9月10日の広

記事を読む

斎藤佑樹 今季初勝利!6回5安打1失点2四球全77球!ソフトバンクV阻止

日本ハムの斎藤佑樹投手が2015年9月16日のロッテ戦で今季

記事を読む

京大の田中くん

京大出身の田中くん 何かあるたびに「京大」がつきまとう。 ロッテの田中でいいんじゃないかと思うけ

記事を読む

カープ黒田 荒れ球 藤浪に激怒 前田智徳-江村将也の再現か・・・

タイガース藤浪の投球、2球続けて黒田へ飛んできた。2球目は頭をかすめるくそボール。 今日の阪神-広

記事を読む

ロッテ 京大 田中 2回4失点KO。日ハム斎藤佑樹は論外 8失点KO。

久々の実戦、ロッテ田中英祐投手 4月29日(水・祝)に登板が 予想されている ロッテの田中英祐

記事を読む

ロッテ 田中英祐は初回連続四球・4失点。3回6安打5失点でKO。

今日のQVCマリンは、 マリンフェスタという ロッテのファン感謝デーと併せて 田中英祐投手

記事を読む

ロッテ 田中英祐投手 1軍デビュー初登板は29日のQVCマリン西武戦 チケット売り切れ?

ロッテのドラフト2位右腕 田中英祐投手(京大)の 1軍での初登板が 4月29日(水・祝)となる

記事を読む

甲子園初出場 大阪偕成は鶴田浩二の出身校! 貧乏野球部のユニフォームの理由とは?

大阪桐蔭を破った大阪偕成は、鶴田浩二の出身校 第97回

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2019年2月
    « 6月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑