*

日ハム・大谷初黒星 張本勲は喝を入れる?また飛ぶボールになった?

公開日: : 野球

ついに、日本ハム・大谷投手の

開幕からの連勝記録が

止まってしまいました。

 

これまでは、

負け投手になりそうな

内容の悪い試合であっても

味方が追い付いて、

逆転していたので、

黒星はついていませんでした。

 

しかく、昨日に限っては、

7回1失点

投球数が123球

奪三振が11個

打者26人に対して4安打

という内容でしたが、

黒星がついてしまいました。

4安打のうち3安打が

得点を許してしまった4回に

集中しています。

そういう意味では、

昨日の阪神は効率のよい

すばらしい攻撃だったと

言えるのではないかと。

 

高校時代に甲子園では

あまりいい思い出がない

ということですが、

その傾向は、今後も続いて

しまいそうです。

 

しかし、大谷投手は

高校時代こんな考え方で

過ごしてきた選手なので、

これをマイナスに考えることは

ないでしょうし、

今回の反省を次につなげるのは

確実だと思っています。

試合内容も大切だが、

勝つことも大切なのは

私なんかが指摘するまでもなく、

当然わかっているはずです。

 

ただ、開幕からの連勝を止めたのが

セリーグの球団であり、

それほど調子がいいとは言えない

阪神タイガースというのは、

皮肉な結果ですかね。

 

これまでサンデーモーニングで

張本さんは、大谷を評価しつつ、

 

絶対に体が壊れてしまうので、

二刀流はやめるべきだと

忠告を繰り返してきました。

昨日の試合は、打者としては

3打数ノーヒットという結果です。

今回、大谷投手に対しては、

よく投げたとおっしゃっていました。

あっぱれではないので、

これくらいのピッチングは

当たり前という認識なのでしょう。

 

話は変わりますが、

また飛ぶボールになったんじゃないか

と張本さんはおっしゃっています。

センター方向に

ホームランバッターではない選手が

打ちこむというのは、

そんな気がしてきた。

ただ、チーム打率は、

.240くらいが全体の半分くらいだから

微妙な気もするけど・・・

というお話です。

この分析に関しては

野球評論家らしいというか

断定ではなく慎重な意見で

好感が持てましたね。

 

関連記事

松山東と二松学舎の不思議な縁

今回の選抜で、 ある意味最も注目されたのが 松山東高校かもしれません。 偏差値の高い進学校で

記事を読む

ハリル監督は、いつから再生工場になった?

今日は、ハリルジャパンの初陣。 チュニジア戦ですよ。 プロ野球も開幕ですし、 どっちを見れ

記事を読む

Gドラ3高木勇人投手。黒豆王子は開幕投手候補だった。

ここ1~2年の巨人の投手陣 を見ていると、 大切な試合を任せられるのは 菅野智之投手くらいだな

記事を読む

中京大中京 名電に逆転勝ち 4番伊藤寛・エース上野の活躍で27度目の甲子園

中京大中京・エース上野はストレート一本勝負、名電・エース福本

記事を読む

サンデーモーニング 西武・秋山を張本はどう評価?パリーグ投手に喝?

西武ライオンズの秋山と聞くと、秋山幸二を思い出す世代なんですが、

記事を読む

巨人ドラ2の戸根千明は谷繁の後輩。迫力の93キロはフィリピンパワーか。

広島カープが8連敗を喫した 広島-巨人の1回戦。 巨人は、6回まで杉内俊哉投手 7回はマシソン

記事を読む

背番号17 松本哲幣選手(敦賀気比)が高校日本代表に。

春の選抜も終了して、 世の中は新年度や花見の季節。 よく考えてみると、 春の選抜の時点での

記事を読む

センバツ優勝は智弁学園・11回裏エース村上サヨナラ打。5試合完投1人で投げ抜く

智弁エース村上決勝打。高松商、11回裏ファインプレー

記事を読む

ロッテ 京大 田中 2回4失点KO。日ハム斎藤佑樹は論外 8失点KO。

久々の実戦、ロッテ田中英祐投手 4月29日(水・祝)に登板が 予想されている ロッテの田中英祐

記事を読む

ロッテ 田中英祐は初回連続四球・4失点。3回6安打5失点でKO。

今日のQVCマリンは、 マリンフェスタという ロッテのファン感謝デーと併せて 田中英祐投手

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2018年12月
    « 6月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑