*

早稲田実 東海大甲府下しベスト8 清宮2ラン含む5打点 上條投手大活躍

公開日: : 野球

早稲田実 清宮が甲子園発HR 松本・上條のリレーで快勝

第97回全国高校野球選手権大会の第10日第1試合は早稲田実業と東海大甲府の試合です。両チームの監督さんは、5点以上の勝負になるとおっしゃっていたようですが、その通りの試合になりました。見ている側としては、得点の入る試合は面白いですが、ところどころにエラーに準ずるプレイもありました。

注目の早稲田実・清宮幸太郎選手は、5打数3安打。3回には2ランホームラン、6回には2アウト満塁から走者一掃の3点タイムリー2ベース、8回には先頭バッターで痛烈な2ベースヒットと大活躍でした。スコアは次のとおりです。

学校 安打 失策
早稲田実 16
東海大甲府 10

5回の裏、早実5-1でリードして迎えた東海大甲府の攻撃で1番・高部選手の痛烈なセカンドへのゴロを早実のセカンド富田選手がよく抑えます。しかし、その後、富田選手の後逸で東海大甲府は2点を返します。エラーは仕方ないとして、その前の2番・福武選手のヒットの時にバッターランナーに2塁を奪われた守備が気になりました。もしかしたら、東海大甲府が逆転するかもと思わせる攻撃だったんですが、その後6回の表に清宮選手の3点タイムリー2塁打が飛び出し、嫌な流れを断ち切ったのが大きかったかな。

それともひとつのポイントは、早稲田実の継投。7回裏から早実はピッチャーを背番号1の加藤から、背番号10の上條に交代します。ここで上條は簡単に6球でスリーアウトを奪ったので、この時点で決まりかなと思いました。
7~9回の打率が4割を超えていて1~3回、4~6回の打率よりも高い東海大甲府を抑えるための継投がはまりました。たられば、の話ですが、早実の投手が先発の加藤投手であれば、打たれていた可能性が高かったと思います。加藤投手は、東海大甲府からとらえられていたと思います。上條投手は、8回裏の東海大甲府の攻撃も3者凡退に抑えて、早実の勝利をゆるぎないものにしました。また、上條投手が9回表も送りバントが絶妙のヒットになるなど、清宮選手ほど目立たないものの、大活躍。左投手で吠えるところなんかは、ダイヤのAの沢村栄純を意識しているのかなと思わされました。

関連記事

今日はキムタクの命日。カープ4番は新井さん。

キムタクというと、 一番手はSMAPの木村拓哉さん なのでしょうが、 そこそこメジャーにな

記事を読む

嗚呼、ダルビッシュ

ダルビッシュさん、ケガしちゃっていたんですね。 右肘の側副靱帯を部分断裂といわれても、 一般人に

記事を読む

大阪桐蔭 対 八戸学院光星 の大阪対決再び!

春夏を問わず、 甲子園を目指す有力高校には、 大阪をはじめとした関西出身者が多い! これは、ま

記事を読む

大阪偕成 大体大浪商・大阪桐蔭を破り甲子園初出場 姫野優也・光田悠哉に注目

大阪偕成、光田⇒濱口⇒光田の継投で僅差の勝利、最後の甲子園切符

記事を読む

仙台育英は、横綱相撲でした。

この試合、序盤から ちょっとイライラする試合です。 神村学園の北庄司投手 仙台育英の佐藤世那投

記事を読む

カープ、泥沼7連敗。また延長で敗戦。大瀬良は9回に力尽き、一岡はまた負け投手。

今日は、キムタク選手の命日ですが、 キムタク選手はどっちを 応援しているんだろうか そう考えて

記事を読む

黒田博樹でも勝てず。カープ泥沼5連敗。もう救世主福井優也しかいない。

開幕前の評判が一番高かったと 言ってもいいのが、 1991年以来優勝から遠ざかり、 ここ数年を

記事を読む

カープ初勝利。ジョンソン完璧だが、打線は菊池のHRのみ。

開幕戦の嫌な雰囲気を吹き飛ばす ジョンソンの快投だった。 オープン戦から安定したピッチング

記事を読む

巨人ドラ2の戸根千明は谷繁の後輩。迫力の93キロはフィリピンパワーか。

広島カープが8連敗を喫した 広島-巨人の1回戦。 巨人は、6回まで杉内俊哉投手 7回はマシソン

記事を読む

開幕一軍メンバー発表、広島カープが今年は注目みたい

もう、今年も、3月26日。 平成26年度が終わろうとしています。   気が付いた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2018年5月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑