*

混合診療で、医療費が増える???

公開日: : 最終更新日:2015/04/02 医療

あ、長くなった続きです。

1つ前の投稿で、

混合診療だと 1,810円

自由診療だと 3,700円

の負担になる事例を紹介しました。

 

確かに、保険診療ではない医薬品の投与が

1つあるだけで、

外来診療料やほかの医薬品の投与まで

10割負担になるのは、

保険未承認薬を使いたい人には納得いきませんよね。

 

混合診療が解禁になったら、

今まで自由診療だった診療行為(ここでは外来診療料と医薬品B)

が保険診療となるわけです。

よって、保険診療(=医療費⇒国保・社保の負担)

が増えると言いたいのだろうな。

そういう意味では、医療費は増えるんですが、

政府が想定しているのはそういうことではないと思われます。

 

医薬品Aがじきに保険承認される前提なら、

医療費が増え続けますよ、当然。

一時的に、医薬品Aが10割負担になるだけだから。

でも、混合診療が解禁になったら、

高~い、保険未承認薬は、

永遠に未承認であり続ける傾向が高くなる。

混合診療解禁後の新しい技術や医薬品は、

保険診療にはなりえなくなる。

少なくとも、今までよりはなりにくくなる。

高額な診療行為が保険診療になりにくくなるから、

医療費(国や健保組合等が負担する7割部分)

は減っていくわけですよ。

つまり、こう言ってはなんですが、

つまらん診療だけ保険診療で

高度医療はすべて自由診療になるから、

金持ちしかいい医療を受けられなくなるし、

医療費が減っていくというわけです。

現在の医療費の増加は、新しくて高~い保険承認医薬品や

新しくて高~い保険承認の手技が増えたことによる。

だから、その新技術を保険外に追いやることで、

医療費を削減するというわけです。

 

医療費 ⇒ 7割負担部分 というのは認識していても、

混合診療解禁 ⇒ もう保険承認しないぜ!

というのは認識されていないのではないかと。

一見すると、混合診療解禁はよいものに思えるので、

話は厄介だなぁと思います。

冗長にて、失礼。

(おわり)

 

関連記事

手術歴

自分は、特に大きな病気をしたこともないし、 手術をしたこともありません。   事務的

記事を読む

精神保健指定医の不正取得は聖マリアンナ医大病院だけの問題?

聖マリアンナ医科大学というと タレントの西川史子先生の 出身校というイメージですかね。 先

記事を読む

今さらニキビですか

思えば、中学・高校時代は、かなりニキビに悩まされてきた。 食事は、油ものを控えて 顔はこまめに洗

記事を読む

混合診療のこと、わかってるのかな・・・

当方、いちおう、医療に多少は携わったことのある人間でして・・・ ラジオで混合診療のことが扱われてい

記事を読む

藤井秀悟 心臓疾患を告白。治療目的ならドーピング違反にはならないよ。

昨年現役を引退され、 現在ジャイアンツの打撃投手を されている藤井秀悟さんが、 現役時代からの

記事を読む

また高齢出産。小橋建太 みずき舞 ご夫妻の妊娠報告。

タイトルだけだと高齢出産に 否定的な印象を受けられるかも しれませんが、 決してそんなこと

記事を読む

病院のレベル

一般的な意見なんだろうけど、 「大きな病院の方が安心!」 なんてことは、よく聞きますよね。 &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2018年5月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑