*

センバツ優勝は智弁学園・11回裏エース村上サヨナラ打。5試合完投1人で投げ抜く

公開日: : 野球

智弁エース村上決勝打。高松商、11回裏ファインプレー後にサヨナラ打浴びる

2016年3月31日のセンバツ決勝は高松商業と智弁学園の対決でした。
高松商業は、何と言っても得点力と粘りで勝ち上がってきた印象です。特に、準決勝の秀岳館戦の粘りを見たときは、優勝するんじゃないかと感じさせられました。

智弁学園は2回戦の鹿児島実業戦には少々苦戦して、相手のミスに付けこんで勝った印象ですが、それ以外は順当に勝ち上がった印象です。準決勝の9回裏の大逆転劇には、こちらも優勝するんじゃないかと思わされました。

結果は、延長11回裏に、2アウトからシングルヒットと、センターオーバーのタイムリー2塁打で劇的な幕切れとなりました。決勝打はエースの村上君でした。

11回裏の智弁学園の攻撃では、ライトへのライナー性の当たりを高松商業がファインプレーで2アウトとしたので、また次の回の勝負かなと思っていたんですが、あっけない幕切れでした。

智弁学園は、エースの村上君がひとりで投げていたので、不利かなと思っていたんですが、見事な優勝でした。


学校 10 11 安打 失策
高松商業
智弁学園 10

試合は2回裏に動きます。智弁学園の5番高橋君がレフトフライ に倒れるも、次の6番村上君がトレートのフォアボール。一度もバットを振らずに四球でしたので、これは得点につながる可能性が高いと思いました。7番大橋君のセンターへのヒットで1アウト 1塁3塁となり、8番中村君のセカンドゴロの間に、1点を先取します。9番青木君が二塁打を放つも、その後の得点はなりませんでした。

その後は、智弁学園も高松商業もなかなか連打が出ません。智弁学園の勝ちが見えてきたかなと思った8回表に高松商業が同点に追いつきます。

1番から始まる好打順で、。1番安西君の内野安打から、2番荒内君が定石通りの送りバント。3番米麦君のセンター前タイムリーヒットで同点という鮮やかかつ教科書的な得点でした。

同点に追いつかれた智弁学園は、8回裏、記録的には3本のひっとを集めるんですが、得点なし。トップの納君はセカンド強襲のヒットで内野安打も、積極的な走塁で2塁アウト。流れが高松商業に行くかと思いきや、その後も連続ヒットだったんですが、得点できずでした。

関連記事

ロッテ 田中英祐投手が京大初の1軍先発か。2軍で防御率0.00。

今日は、東京六大学野球の開幕ゲーム。 東大野球部が、はたして連敗を 止められるかが見所ですね。

記事を読む

巨人 ドラ3田口麗斗が初先発。楽天 松井裕樹に負けるな。

今日の巨人対ヤクルトの試合の 予告先発は 巨人が 田口麗斗投手 ヤクルトが 石川雅規投手 と

記事を読む

大リーグ開幕。ヤンキース田中将大投手は3回に5失点。

いよいよ、大リーグも開幕。 日本では、ヤンキースの開幕投手が 田中将大投手になったことで 話題

記事を読む

カープ 7度目で延長戦初勝利。菊池サヨナラホームラン。4番新井もホームラン。

マツダスタジアムでの 広島-ヤクルトの8回戦は セ・リーグの最下位攻防戦です。  

記事を読む

カープ、泥沼7連敗。また延長で敗戦。大瀬良は9回に力尽き、一岡はまた負け投手。

今日は、キムタク選手の命日ですが、 キムタク選手はどっちを 応援しているんだろうか そう考えて

記事を読む

S1 ノムさんボヤキ解説、由伸巨人は強くないけど続く

2016年4月3日のTBSテレビS1で、解説

記事を読む

野村5回5失点の誤算。甲子園での悔しさを思い出せ!

広島 対 横浜 の2回戦。 まちがった、 広島 対 DeNAです。 いまだに、横浜とか大洋

記事を読む

巨人 田口麗斗が初先発初勝利。決勝タイムリーも放つおまけつき。19歳6カ月の救世主。

今日14時試合開始の ヤクルト 対 巨人の2回戦は、 ヤクルトのベテラン左腕 小さな大投手

記事を読む

サンデーモーニング 張本勲が黒田日米通算200勝にあっぱれ、広島優勝を予想

巨人はDeNAに抜かれる、広島は優勝で決まりと予想、筒香

記事を読む

日ハム 斎藤佑樹4失点KO・カープ 福井7回無失点で連敗ストップ 早大投手明暗・・・

今日の広島-中日戦では、 福井優也投手が先発、 日ハム-楽天戦では、 斎藤佑樹投手が先発でした

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2019年4月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑