*

黒田博樹でも勝てず。カープ泥沼5連敗。もう救世主福井優也しかいない。

公開日: : 野球

開幕前の評判が一番高かったと

言ってもいいのが、

1991年以来優勝から遠ざかり、

ここ数年を除いて万年Bクラス

であった広島東洋カープです。


解説者の方々の予想としては、

広島・巨人を推す声が一番多く、

中日を低く評価している方が一番多い

という傾向がみられました。


しかし、

優勝候補である広島・巨人の

昨日までの成績は「2勝5敗」で

仲よく最下位。


開幕三連戦は辛くも2勝1敗と

勝ち越したのですが、

2戦目で同一カード3連敗してしまう

点でも共通しています。


巨人に関していうと、

相川のケガの影響が大きいとはいえ、

ファーストへ転向した阿部慎之助を

キャッチャーに戻すという

最終カードを早くも引いてしまう

緊急事態です。


広島カープに関しては、

大瀬良投手野村投手が炎上して

試合が壊れてしまったり、

(大瀬良投手の場合は、

 失点7ですが、自責点2)

ピッチャーが抑えた試合は、

最少失点差で逆転負けしたり、

サヨナラ負けしたりと、

いいところがありません。


しまいには、

打線を補うために、

急遽新外国人を獲得するという事態。

この新外国人(シャーホルツ外野手)

は、1年目の年俸が球団の最高額

ということなのです。


一方、前評判で人気がなかった中日は

開幕の阪神3連戦に3連敗するも、

そのあと4連勝で波に乗っています。


4日は、勢いのある中日と

連敗を止めたい広島の対決。

しかも、黒田博樹投手の先発なので、

注目が集まっていました。

(後半へつづく)

 

 

この試合、

中日の先発は八木智哉投手。

前回は開幕3戦目の阪神戦で

少々炎上してしまいまいた。

4回を投げて4失点。

 

4回裏に2ランホームランを

2発浴びてしまい、

5回から二番手朝倉投手に

マウンドを譲りました。

個人的には、

黒田投手にも勝ってほしいが、

八木投手にも勝ってほしい

という気持ちだったので、

1戦目の炎上は

非常に残念でした。


八木投手は、昨年オリックスを

自由契約になり、

トライアウト経由で拾われた

数少ない選手。

毎年恒例のTBS放送

「プロ野球戦力外通告

 クビを宣告された男達」

に出演したのを拝見しましたが、

お子様が5人もいたのに驚愕。

あと少しで橋下大阪市長にも

迫らんとする勢いです。

そんな少子化に貢献するパパには

頑張ってほしいなぁと。


八木投手は、創価大学のエースで

通算35勝を挙げて、

自由獲得枠で日本ハムに入団した、

将来のエース候補でした。

1年目には延長10回を

ノーヒットに抑えるも

勝ち負け関係なし

という珍しい記録も残しています。

新人王を獲得した

将来エース候補でしたが

ケガの影響で次第に登板が減り、

オリックスへトレード、自由契約、

そして中日へと渡り歩いています。

黒田投手だけでなく、

八木投手にもドラマがあるんです。


結果はご承知のとおり、

八木投手は7回無失点

黒田投手は7回3失点

で八木投手が今季初勝利。


八木投手は得点圏に背負っても

低めへの丁寧な投球で見事に無失点。

しかも、三振を10個奪い、

プロ初の二桁奪三振でした。


カープは、1回に

菊池選手のツーベースと

八木投手のワイルドピッチで

2アウト3塁のチャンスをつかむも、

4番グスマンが空振り三振。


2回、3回は完璧の抑えられて、

4回は内野安打の菊池選手が

2塁を狙って牽制アウト。


5回も1アウト1塁・2塁で

得点できず。

(黒田投手には代打を出さず)


チャンスらしいチャンスは

これくらいで、あとは

9回にグスマンが

中日の守護神 福谷から

2ベースを放ったくらい。

5安打得点なし。


一方、中日は、5回に

大島選手と亀沢選手の

連続タイムリーで

3点を奪って逃げ切りました。


このタイムリーが出る前に、

3塁ランナーのエルナンデスが

まずい走塁で三本間ではさまれて

アウトになるのですが、

ここで流れが止まらなかった。

今日はこれが全てでした。


巨人は、最初の先発で

炎上したポレダが初勝利。

キャッチャーに戻った阿部も

大活躍の猛打賞で勝利。


ということは、

広島カープが単独最下位です。

マエケンでも黒田でも勝てないのは

痛すぎますよ。


黒田投手が大リーグでも日本でも

なかなか援護に恵まれないのは、

球数が多く、間合いが長いからだ

という見解があるようですが、

どうなんでしょうか。


理由はともあれ、

援護に恵まれないのは事実だけど。


しかし、予想もしない泥沼の5連敗。

プリンス堂林が1軍昇格して、

明日は福井優也投手が

流れを変えられるのかな・・・。

(おわり)

 

関連記事

黒田初勝利。我慢の投球で無失点。マエケンとの違いを見た気がする。

開幕3戦目は、予定どおり黒田の先発。 日本でのマウンドは、8年ぶりでした。 黒田個人の影響と

記事を読む

斎藤佑樹 8月8日先発? 早実と一緒に勝利なるか?

8月8日 第3日第一試合は早稲田実(西東京)対今治西(愛媛)

記事を読む

巨人 田口麗斗が初先発初勝利。決勝タイムリーも放つおまけつき。19歳6カ月の救世主。

今日14時試合開始の ヤクルト 対 巨人の2回戦は、 ヤクルトのベテラン左腕 小さな大投手

記事を読む

松山東と二松学舎の不思議な縁

今回の選抜で、 ある意味最も注目されたのが 松山東高校かもしれません。 偏差値の高い進学校で

記事を読む

カープ 7度目で延長戦初勝利。菊池サヨナラホームラン。4番新井もホームラン。

マツダスタジアムでの 広島-ヤクルトの8回戦は セ・リーグの最下位攻防戦です。  

記事を読む

ロッテ 京大 田中 2回4失点KO。日ハム斎藤佑樹は論外 8失点KO。

久々の実戦、ロッテ田中英祐投手 4月29日(水・祝)に登板が 予想されている ロッテの田中英祐

記事を読む

敦賀気比、満塁HR2本で大阪桐蔭に圧勝。昨夏の雪辱。

本大会で一番楽しみな試合でした。 夏春連覇を狙う今大会の横綱・大阪桐蔭 一方、昨夏の雪辱なる

記事を読む

斎藤佑樹、5点リードで、えっ、交代なの?

どうして パリーグは平日の昼に試合をするのか。 まだ春休みだからなのかな。 佑ちゃんの今季

記事を読む

ロッテ 田中英祐投手が京大初の1軍先発か。2軍で防御率0.00。

今日は、東京六大学野球の開幕ゲーム。 東大野球部が、はたして連敗を 止められるかが見所ですね。

記事を読む

中京大中京 名電に逆転勝ち 4番伊藤寛・エース上野の活躍で27度目の甲子園

中京大中京・エース上野はストレート一本勝負、名電・エース福本

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2019年10月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑