*

米倉涼子、モラハラで会社社長と離婚間近か。妊娠は諦めた?

公開日: : ニュース

米倉涼子さんが、昨年12月26日に

広告代理店社長と電撃入籍されたのは

記憶に新しいですよね。

米倉さんが広告代理店社長

と知り合ったのは、

ご友人の紹介でした。


週刊誌に深夜のデートを

写真に撮られて交際が発覚し、

1年6カ月もの期間を

同棲生活されていらっしゃいました。

新居は、

家賃が300万円をくだらない

高級賃貸マンションです。

会社社長だから、

この賃貸料も経費算入されて

いらっしゃるのでしょうか。


同棲生活を経た結婚なので、

結婚生活もまったく問題が

ないのだろうと思っていましたが、

早くも、今年の2月には

旦那さんが自宅に帰宅しないという

ことが報じられています。

そして、今月になって、

米倉さんがついに離婚を決意して

準備を進めているということが

報じられました。

(後半へつづく)

 

 

離婚の原因は、

夫が仕事優先であるといった理由も

あるのでしょうが、

一番の大きいといわれているのは、

モラルハラスメントだそうです。

三船美佳さんに続いて、

また、モラハラですか。

三船さんの場合は、旦那さんと

年齢が離れているので、

モラハラということがイメージ

しやすいのですが、

米倉さんがモラハラを受ける

というのは、

どうしてもイメージできないです。

やはり、多くの人は

米倉さんに「強い女」という

イメージを持っていると

思います。


旦那さんは会社の経営者。

奥さんは、実力派の女優さん。

このような組み合わせの場合、

どちらも起業家的な性格が

強いと思いますので、

友達から恋人になる段階では

意気投合しやすいと思いますが、

結婚生活となると

勝手が違うと考えます。


実際に、ご結婚される前から

けんかは絶えなかったと

聞いていますので、

あながちこの考えも

間違っていないと思います。


旦那さんは仕事優先で

仕事の後もまっすぐ帰らず、

仕事関係者と飲みに行かれる

ことが多かったそうなので、

子供を作ることを含めて

家庭を大事にしたい米倉さんと

溝が深まるのは仕方ないですね。

仕事が何より優先という気持ちは

会社社長であれ、

サラリーマンであれ、

共通のものだと思います。

ただ、会社の経営者であり、

サラリーマンよりは、はるかに高い

収入があったとしても、

一流企業の社員に比べて

社会的な信用はありません。

特に、独立して数年ということで

これから会社を成長させていきたい

という段階だと、

普通のサラリーマンよりも

仕事にかける気持ちが強くなるのは

当たり前でしょう。

サラリーマンとは違って、

会社の実績=自分の実績

となりやすいですしね。

世間では、

子供より、夫婦生活よりも

金を優先と言われていますが、

単純にお金お金という性格だと

言い切れないと思います。


米倉さんの旦那様は、

大阪のご出身で、

リクルートに勤務された後

独立して広告代理店を経営

されています。

サラリーマン時代は

ホットペッパーの編集に

携わっていらっしゃった

ということです。

通常、日本の多くの会社は、

社員が同じ分野で独立するのを

嫌がる傾向が強いのですが、

リクルートは邪魔するどころか

サポートするんですよね。

会社を飛び出しても、

リクルートという会社の看板を

使って仕事させてくれることも

あるそうですよ。


確かに、夫婦といっても

もとは他人ですから、

新居の間取りで喧嘩したとか

そういうレベルの喧嘩は

ある程度理解できますよね。

しかし、

ハネムーンの予定をドタキャン

正座させて説教を5時間

公衆の面前で罵倒

首をしめた

なんていうモラハラ行為が

本当だとしたら、

離婚もやむを得ないのかなと

思います。

いい意味で男勝りのイメージが

ある米倉さんですが、

食料品を買い込んで帰宅する

姿も目撃されており、

女優米倉涼子を封印して

主婦の一面も見せていたご様子。


年齢的なこともあり、

お子さんを欲しいとも伝えられる

米倉さんですが、

ここで、女優業一直線へ

戻ってしまわれるのでしょうか。

(おわり)

 

関連記事

法科大学院募集停止 立教に続いて青学、お前もか

東京都渋谷区の青山学院大学は、2017年(平成29年

記事を読む

羽柴誠三秀吉こと三上誠三氏 肝硬変で死去。建設会社社長がなぜ選挙に?

羽柴秀吉、というと豊臣秀吉なので・・・ 羽柴誠三秀吉(芸名?)、こと 本名 三上誠三氏(65歳)

記事を読む

町村前衆議院議長が死去した病院は?本当に脳梗塞?総裁選出馬時は、医者つきっきりだった。

自民党の町村信孝前衆議院議長が 5月30日午後2時過ぎに 亡くなられたそうですね。 ご冥福をお

記事を読む

上西小百合衆院議員、浪速のエリカ様らしく、国会休んで男性秘書と旅行?前日はショーパブ?

衆議院議員である上西小百合氏 (維新の党・比例近畿ブロック) が、国会本会議をずる休みして

記事を読む

上戸彩の妊娠発表は昨年12月?HOROとの離婚危機は解消か。

女優の上戸彩さんが ついに妊娠されたそうですね。 ご結婚されたのが27歳の誕生日で 201

記事を読む

警視総監賞62回の元警視庁警部が覚醒剤所持で逮捕。暴力団とグル?

このところ、 教育者のハレンチな不祥事が 目立っておりましたが、 今回は、犯罪を取り締まるお膝

記事を読む

7月23日 ザ・ボイスで安倍総理が世界文化遺産の強制労働に弁明 青山さんは我慢?

2015年7月23日のニッポン放送「ザ・ボイ

記事を読む

通州事件記念館はないが、南京大虐殺記念館・731部隊記念館・安重根記念館は存在する

2015年8月14日の安倍談話で、日本は国際連盟から脱退して

記事を読む

ゆうちょの学歴フィルター問題?東大と日東駒専を比較するのが失礼。

学歴フィルター?そんなの企業の勝手でしょ。何が問題なんだか。

記事を読む

科研費不正受給で日本学術振興会の適当さが暴露?悪いのは北大教授夫妻だけじゃない?

文部科学省管轄の 日本学術振興会が交付している 科学研究費補助金を 不正受給したということ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2018年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑