*

相棒=ダークナイトであることが、開始3分でネタバレって・・・

公開日: : 最終更新日:2015/04/02 ドラマ・テレビ

みなさまご承知のとおり、

注目された相棒13の最終回は、

相棒である甲斐亨(成宮寛貴)が犯人

という結末でした。

 

自分も相棒のファンですから、

びっくりしましたが、

最終回が始まって3分経過しないうちに

犯人が甲斐亨だとわかってしまう描写で

拍子抜けしてしまいました。

 

その後も、杉下右京との会話の節々に

犯人=甲斐

であると感じさせる内容があって、

見ている側としては

おいおい、見ていられないんだけど・・・

というのが率直な感想です。

 

一部では、

最初に甲斐亨が犯人だと匂わせておいて

大どんでん返しがあるような

緊張感のある展開だったという評も

あるようですけど、

私にはそう思えなかった。

 

今回のダークナイト事件の起こった翌日

ファーストコンタクトから、

甲斐亨の様子は、

明らかに白白しい感じでした。

だから、

どう転んでも相棒である甲斐亨が犯人

であるとしか思えませんでした。

 

巷では、こんな声があがっています。

・後味の悪い、ありえない結末だ

・無理な展開

・伏線がまったくないじゃないか!

・杉下右京と一緒にいた3年間、

 甲斐亨はずっと犯罪者だったのかよ。

・悦子(甲斐亨の恋人)を妊娠させて

 犯罪を続けるわけがない。

 

色んな声や意見があって、

中には制作側を批判するような内容も

あるようです。

超えていけない一線をこえたのは

制作側じゃないか!とね。

 

ただ、ここまで話題になって、

内容に批判まで出てしまうようでは、

制作側の思うつぼだと思うんですよ。

 

僭越ながら、言わせてもらうと

たかが1つのドラマに対して

しかもドラマの脚本内容にまで

議論が起こっていることを考えると、

話題性という意味では

大成功だったと言えるんじゃないかと。

 

中国でも最終回の内容について

話題になっているというのですから、

影響力はすごいですね。

しかし、中国人はどうやって

リアルタイムにドラマを見るんだろう?

ネット上でやっぱり見るんだろうか。

 

今回の最終回のあらすじと

勝手な感想を後半に記載しておきます。

それでは、よろしければ、どうぞ。

(後半へ)

 

 

まず、オープニングは、

ベンチャー企業の社長風の人物が

エレベータ内で襲われることから

始まります。

 

その襲われるシーンのあとに

甲斐亨がその犯人であることを

匂わせる描写が出てくる。

襲ったときのリバーシブルコートを

ひっくり返して、

襲ったときについた相手の血液を

洗い流すんです。

 

その後、フードを脱いで

サングラスを取ると甲斐亨くん・・・。

こんなのでいいのかなっと思いました。

 

襲われたのは、

IT関連事業で成功した深山育洋。

昔、暴走族だったらしく、

いまもその仲間とはつながっていて

悪事を働いていることが

襲われた原因のようです。

しかし、殺されてはいません。

 

この事件の翌日、

杉下さんと角田課長が

特命係の部屋で話しているところに

犯人の甲斐亨が登場。

 

この時の甲斐亨の目つきと話し方が

いやー、白白しかった。

 

そのあと、

杉下さんが改めてダークナイトの

犯行履歴の話をしていると

 

・よく犯行日時まで正確に覚えていますね

・そうみたいですね

・ダークナイトが杉下さんに
 興味を持たれるなんて運が悪いですね

 

と甲斐亨は他人事みたいな反応。

この段階でもう見ていられなかったです。

 

その後、

甲斐亨は父親の甲斐峯秋(警察庁次長)

に会いに行く。

 

病気である彼女の前では、

2人が和解したということにしてほしい

というお願いに行ったのです。

芝居でもいいから和解して

というお願いに父親は応じます。

 

しかし、こんな個人的なお願いを

業務中に偉い人の部屋でやるとは

甲斐亨もお坊ちゃんだなぁと。

 

その昔、

教授である父親の研究室に

よく遊びに行っている

同級生がいましたが、

それを思い出してしまいました。


次に、甲斐亨の高校の同級生の妹

の三回忌の場面になる。

 

ここで、

これがなんらかの伏線だろうなと

予想される感じでした。

 

その次が最初の修羅場?かなぁ。

悦子の病院でのお見舞いの場面で、

杉下さんと甲斐亨の前で、

悦子がダークナイトの話題を出す。

 

この時点で、当然ながら

亨が犯人だと知らない悦子は、

杉下に事件の解決を促す方向へ

話を持っていく。

 

ここでも、

甲斐亨は他人事みたいに、

「いずれ杉下さんが捕まえるってさ」

と悦子に言ったばかりか、

ダークナイトに共感できるかのような

発言をする。

 

この時の不穏な感じも

見られたもんじゃなかったです。

 

甲斐亨は杉下右京を

解決できるものなら解決してみろ

といわんばかりの目で

見つめていましたから・・・

 

そんな中、

再びダークナイトが事件を起こす。

 

これ、結論からいうと

偽物のダークナイトなんです。

 

これまでは、

ケガを負わせただけなのに、

今回は殺人事件。

 

事件の検証をしている

杉下右京、甲斐亨、米沢。

 

甲斐亨は、自分が本物の

ダークナイトじゃないことを

知られたくないのなら、

今回の殺人事件の偽物を

犯人に仕立てればいいのに

そうしないんですよ。

 

それどころか

今回の犯人はダークナイトの模倣犯だと

執拗に何度も主張するんです。

 

まるで、

自分が正義の味方であるダークナイトだと

自己顕示したいかのように・・・

 

現在明らかになっている材料から

導き出せないような推理をしている。

予断をもっているか、

真実をしっているかのいずれかであるとしか

思えないんですよ。

 

だから、この時点で、

自分は甲斐亨が犯人だろうな

と確信しました。

 

右京さんが犯人を確信したのは、

もう少しあとみたいですけど。

 

甲斐がダークナイトになった原因は、

先に出た同級生の妹です。

 

この妹さんは、

おそらく高校生か大学生くらいの年齢で

通り魔事件に遭い、殺害された。

 

しかし、通り魔は薬物使用者で

精神的なところを考慮されたのか

すぐに警察から出てこられた模様。

 

出てきた通り魔に対して

殺意を抱いていた同級生の代わりに、

通り魔をボコボコにしたのが

甲斐亨だったというわけです。

 

これが、ダークナイトの始まり。

そこから、

世論の支持みたいなものを感じて

調子に乗ってしまったのか

間違いなく黒だけど、

警察が罰することができない人物に

制裁を加えるようになった

というのが話の流れです。

 

結果としては、

甲斐亨は、もう逃げられないと思い、

直接杉下右京に自白するわけですが、

矛盾を感じました。

 

だって、最初っから、

自分でわざわざ右京にヒントを

与えるような発言ばかり

していたのだから。

 

どちらかというと、

甲斐亨は杉下右京に、

自分の悪事をあばいてほしいのかと

思わせるような内容でしたからね。

 

最終的に、杉下右京は

管理責任を問われて、

無期限の停職処分になります。

 

一方、甲斐亨の父親である

警察庁次長は、

どういう処分になるのかぁと

勝手に興味を持ってしまいました。

 

事務方のトップだから、

よほど部下たちに

上昇志向の強い奴がいなければ、

自分の思い通りに

居座り続けることが可能なのだろう。

 

自分に近い人でも

そういうお方がいらっしゃいましたから。

 

やはり、踊る大捜査線じゃないですが、

組織では偉くならないとね。

 

というわけで、

相棒14はどうなるのか、

はたまた、これで終わりなのか・・・

(おわり)

 

関連記事

有吉反省会 みうな=斎藤美海が6回の転職を反省!禊は農家に就職!

元カントリー娘、尼僧アイドルの斎藤美海が度重なる転職を反

記事を読む

THEフライデー ル・クプル離婚の原因は藤田隆二の罵倒?番組で復縁?

Le Couple(ル・クプル)ひだまりの詩 ヒット後に夫が

記事を読む

番長・清原が藤田ニコルと行列でバトル。木村佳乃と大倉士門が熱愛?

清原和博がきゃわたんポーズでイメチェン? 6月27

記事を読む

ダウンタウンなう お悩みはしご酒 清原和博が薬物疑惑を否定、浮気疑惑は?

清原和博、入れ墨は憧れ。野球界復帰意思あり。 2015年8

記事を読む

ダウンタウンなう 小林麻耶とハシゴ酒 新曲はあたりまえ体操?

嫌いなアナナンバー1、小林麻耶の新曲はブリカマぶるーす

記事を読む

メレンゲの気持ち 山口もえがすっぴん披露 田中とは家デート

田中裕二と山口もえの始まりは2013年春 プロポーズは結

記事を読む

有吉反省会 禊で貴水博之とカエルが2ショット!

7月11日の有吉反省会は、これまでの反省人の禊の

記事を読む

クレイジージャーニー 竹内洋岳はイチローに似ている 日村のベスト15 丸山ゴンザレスネタ多し

クレイジージャーニー 8000メートル峰全14座を登

記事を読む

ロンハー クマムシ・長谷川さんがマユミさんに告白。タイプじゃないとフラれる。

今回のロンドンハーツは、 「背中押します!!  ほっとけない恋愛事情」 という企画です。

記事を読む

クレージージャーニーに鍵井靖章出演 零戦が眠る富士川丸はタイタニックの元ネタ

2015年8月20日のクレイジージャーニーは、水中写真家の鍵

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2018年5月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑