*

広島カープ 黒田 9年ぶり巨人戦完封ならず 9回裏サヨナラ負け 明日はルーキー・薮田が先発

公開日: : 最終更新日:2015/07/01 野球

6月30日の広島対巨人の12回戦は、広島が黒田博樹、巨人が高木勇人の先発でした。途中までは息詰まる投手戦で、黒田は1安打ピッチングでした。試合は非常に速いペースで進んでいき、開始1時間で5回までは進んでいたと思います。

均衡を破ったのは広島です。8回表に1番丸が1ボールから、センターバックスクリーンにライナーで飛び込む第11号のホームラン。高木の失投と言える投球でしたが、今日の高木は責められなかったと思います。丸がホームランを打つ前のバッターは黒田でしたが、そのまま打席に立ったので8回裏は投げることが確定でした。

8回を抑えた黒田が、巨人戦9年ぶりの完封勝利を目指してマウンドに立つのか非常に注目されました。なぜなら、広島の後ろのピッチャーが非常に不安定だからです。1点差で黒田の後に中崎を起用する勇気がベンチにあるのかを確かめられたのです。

巨人は7回裏にノーアウト2塁で点が入らなかったにもかかわらず、9回裏もノーアウト1塁(ランナーは代走鈴木)でバントすらしない様子でした。立岡が三振で1アウトしたときには、今日の巨人はダメだろうなと正直思いました。しかし、坂本がセンター前ヒットで鈴木は当然3塁に進み、全打席結果的に敬遠だった阿部がレフト前タイムリー。続く、亀井がレフトへの犠牲フライで坂本が生還してサヨナラ勝ちとなりました。広島が4安打、巨人が6安打で、試合が終わったのは20時30分ごろという早いゲームでした。巨人は6安打ですが、そのうち3安打は9回裏に飛びだしており、それだけ見ると黒田は力尽きた感じですかね。

明日は、広島がプロ初先発の薮田和樹。巨人が杉内です。広島先発の薮田投手は昨年のドラフト2位右腕で、大瀬良投手がセットアッパーに回ってあいた先発ローテーションの座をつかんだようです。大学では腕の骨折でほとんど実績がないにもかかわらず、広島が指名。これには疑問の声もありましたが、比較的早くチャンスをつかみました。ウェスタンでの成績は8試合に登板して、4勝1敗で防御率が1.70です。テイクバックが小さく、本格派のような投げ方ではありませんが、最速153キロで直球勝負の投手です。広島としては、黒田に勝ってもらってからルーキーに投げさせたかったんでしょうけど、予定通りにはいきませんでした。

関連記事

黒田3安打120球完封 10年ぶりの巨人戦完封

2016年4月2日の巨人対広島の2回戦は、広島の黒田投手がジ

記事を読む

大阪桐蔭 対 敦賀気比 の因縁対決。今回は平沼君にちゃんと投げさせてほしい。

もう3月も30日。 以前であれば、 1日4試合が当たり前たったし、 休みもなかったから、

記事を読む

敦賀気比初優勝! 大阪桐蔭戦に続く恐怖の背番号17番 松本哲幣外野手。

第87回センバツの決勝戦は 雨の影響で1時間遅れの 13時30分に試合開始。 雨がパラつく

記事を読む

広島カープ やっと連敗脱出。7連敗でストップ。野村6回2失点。ヒース抑えた。

やっと、カープの連敗が止まりましたね。 ここまで来ると、カープファン以外も 広島カープを応援

記事を読む

東海大相模 吉田・小笠原のリレーで決勝進出 関東一に快勝・オコエは1安打 2三振

東海大相模 1回10球で4点先制・10-3で関東一に快勝・決勝戦

記事を読む

カープ黒田 荒れ球 藤浪に激怒 前田智徳-江村将也の再現か・・・

タイガース藤浪の投球、2球続けて黒田へ飛んできた。2球目は頭をかすめるくそボール。 今日の阪神-広

記事を読む

甲子園初出場 大阪偕成は鶴田浩二の出身校! 貧乏野球部のユニフォームの理由とは?

大阪桐蔭を破った大阪偕成は、鶴田浩二の出身校 第97回

記事を読む

神村学園(鹿児島)も第二大阪代表だった

前回、大阪出身者の野球越境入学が 多いことをお話したわけですが、 結構、意外な学校にも大阪出身が

記事を読む

斎藤佑樹 今季初勝利!6回5安打1失点2四球全77球!ソフトバンクV阻止

日本ハムの斎藤佑樹投手が2015年9月16日のロッテ戦で今季

記事を読む

コリジョンルールで広島カープ赤松がサヨナラ打、菊池が生還

コリジョン適用サヨナラは初。キャッチャー上本の左足が原因か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2018年2月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728  
PAGE TOP ↑