*

広島カープ 黒田 9年ぶり巨人戦完封ならず 9回裏サヨナラ負け 明日はルーキー・薮田が先発

公開日: : 最終更新日:2015/07/01 野球

6月30日の広島対巨人の12回戦は、広島が黒田博樹、巨人が高木勇人の先発でした。途中までは息詰まる投手戦で、黒田は1安打ピッチングでした。試合は非常に速いペースで進んでいき、開始1時間で5回までは進んでいたと思います。

均衡を破ったのは広島です。8回表に1番丸が1ボールから、センターバックスクリーンにライナーで飛び込む第11号のホームラン。高木の失投と言える投球でしたが、今日の高木は責められなかったと思います。丸がホームランを打つ前のバッターは黒田でしたが、そのまま打席に立ったので8回裏は投げることが確定でした。

8回を抑えた黒田が、巨人戦9年ぶりの完封勝利を目指してマウンドに立つのか非常に注目されました。なぜなら、広島の後ろのピッチャーが非常に不安定だからです。1点差で黒田の後に中崎を起用する勇気がベンチにあるのかを確かめられたのです。

巨人は7回裏にノーアウト2塁で点が入らなかったにもかかわらず、9回裏もノーアウト1塁(ランナーは代走鈴木)でバントすらしない様子でした。立岡が三振で1アウトしたときには、今日の巨人はダメだろうなと正直思いました。しかし、坂本がセンター前ヒットで鈴木は当然3塁に進み、全打席結果的に敬遠だった阿部がレフト前タイムリー。続く、亀井がレフトへの犠牲フライで坂本が生還してサヨナラ勝ちとなりました。広島が4安打、巨人が6安打で、試合が終わったのは20時30分ごろという早いゲームでした。巨人は6安打ですが、そのうち3安打は9回裏に飛びだしており、それだけ見ると黒田は力尽きた感じですかね。

明日は、広島がプロ初先発の薮田和樹。巨人が杉内です。広島先発の薮田投手は昨年のドラフト2位右腕で、大瀬良投手がセットアッパーに回ってあいた先発ローテーションの座をつかんだようです。大学では腕の骨折でほとんど実績がないにもかかわらず、広島が指名。これには疑問の声もありましたが、比較的早くチャンスをつかみました。ウェスタンでの成績は8試合に登板して、4勝1敗で防御率が1.70です。テイクバックが小さく、本格派のような投げ方ではありませんが、最速153キロで直球勝負の投手です。広島としては、黒田に勝ってもらってからルーキーに投げさせたかったんでしょうけど、予定通りにはいきませんでした。

関連記事

大阪桐蔭は故意死球のはじまり

ぼちぼち 春のセンバツ高校野球が始まる季節。   顔ぶれをみると、 21世紀枠を除

記事を読む

カープ 6時間21分かけて、マエケン・大瀬良・中崎出して巨人のサポート

広陵出身の小林誠二が決勝タイムリー 2015年

記事を読む

カープ 薮田 甲子園でメッセンジャーと対決 ロ ーテ枠に残れる?

広島カープ、元気ありませんね。最下位中日に負け越して、今

記事を読む

8月6日 甲子園開幕戦は鹿実が北海を橋本・有村・堂脇のリレーで圧勝!

8月6日は広島の原爆、鹿児島では8・6水害の日 201

記事を読む

黒田初勝利。我慢の投球で無失点。マエケンとの違いを見た気がする。

開幕3戦目は、予定どおり黒田の先発。 日本でのマウンドは、8年ぶりでした。 黒田個人の影響と

記事を読む

黒田博樹でも勝てず。カープ泥沼5連敗。もう救世主福井優也しかいない。

開幕前の評判が一番高かったと 言ってもいいのが、 1991年以来優勝から遠ざかり、 ここ数年を

記事を読む

PLの4番 マエケン 3回2ラン!7回無失点で15勝目 最多勝?CSは阪神次第!

元PLの4番・前田健太、生涯2本目の2ランホームラン!

記事を読む

S1 ノムさんボヤキ解説、由伸巨人は強くないけど続く

2016年4月3日のTBSテレビS1で、解説

記事を読む

カープ7連敗後の2連勝。マエケン7回無失点で初勝利。中崎、ヒースで締めた。

今日は、 G 菅野智之投手 C 前田健太投手 のエース対決。 結果は1-0の最少得点差で

記事を読む

サンデーモーニング 3000本安打の張本氏、性格が悪いと自虐発言

大谷に大あっぱれ、オリックスのシーズン捕逸0に喝 20

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2018年10月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑