*

仙台育英 早実を7-0で決勝進出!清宮号泣?甲子園の土持ち帰らず。佐藤世那のフォークと平沢大河の3ランで快勝

公開日: : 野球

早実・清宮はセカンドへの内野安打1本に終わる。甲子園の土は持ち帰らず。

第97回全国高校野球選手権大会の第13日第1試合は仙台育英と早稲田実業の試合でした。試合結果は、次のとおり7対0で少々一方的な結果でした。仙台育英の佐藤世那投手は今大会初完封勝利。早稲田実の3番・清宮幸太郎選手の今大会成績は、19打数8安打9打点で終わりました。9回になっても、清宮選手はずっとグラウンドを睨みつけたのですが、試合終了後は目を真っ赤にして泣いていたのが意外でした。

涙の早実・清宮幸太郎選手。仙台育英に7-0で敗退

学校 安打 失策
仙台育英
早稲田実

両チームとも、今大会では全試合で先制しているのですが、先手を奪ったのは仙台育英でした。

3回表の仙台育英は、9番の佐藤世那君がツーベースヒット。真ん中高めの甘い球でした。ここで仙台育英はバントをせず。1番の佐藤将太君がまたまたツーベースでノーアウト2・3塁。当たりがよすぎて、2塁ランナーは帰れませんでしたが、2番の青木玲磨君がライト前へのクリーンヒット。2点を先制します。その後、盗塁・進塁打で、4番の郡司裕也君がタイムリーで3点目を取ります。早稲田実業の松本投手が打たれた球は、高目が多かったです。

三回裏、早稲田実業は、チャンスを作るんですが、ミスで得点ならず。8番の松本皓君が内野安打。9番の渡辺大地君が送りバント、1番の山田淳平がフォアボール。2番の玉川遼君が倒れて、3番の清宮幸太郎君がセンターに抜けようかというあたりで、仙台育英は2塁も3塁もアウトにできず。これで2アウト満塁。ここで4番加藤雅樹君の打席なんですが、二塁ランナーが牽制でアウト。
これと、4回表の仙台育英4得点で、試合が決まった印象です。しかも、仙台育英としては、当たりが止まっていた3番の平沢大河君がスリーランホームランですから、文句なしです。逆に、早稲田実は、東海大甲府戦で活躍した上條投手が打たれてしまいました。

その後も、早稲田実は仙台育英の佐藤世那投手にほぼ完全に抑えられる形。8回裏の攻撃は、外野を抜けようかというヒット性の当たりがファインプレーで阻まれ、3番の清宮君、4番の加藤君がフライを打たされて簡単に3アウトでしたから、勝負あったようなものでしたね。

関連記事

鹿実のサブマリン・谷村好投もエラーで敗戦、智弁学園・福元2ラン

智弁学園、鮮やか逆転、7回に一挙4点で3回戦進出

記事を読む

カープ、泥沼7連敗。また延長で敗戦。大瀬良は9回に力尽き、一岡はまた負け投手。

今日は、キムタク選手の命日ですが、 キムタク選手はどっちを 応援しているんだろうか そう考えて

記事を読む

日ハム 斎藤佑樹4失点KO・カープ 福井7回無失点で連敗ストップ 早大投手明暗・・・

今日の広島-中日戦では、 福井優也投手が先発、 日ハム-楽天戦では、 斎藤佑樹投手が先発でした

記事を読む

日ハム・大谷初黒星 張本勲は喝を入れる?また飛ぶボールになった?

ついに、日本ハム・大谷投手の 開幕からの連勝記録が 止まってしまいました。  

記事を読む

大阪桐蔭は故意死球のはじまり

ぼちぼち 春のセンバツ高校野球が始まる季節。   顔ぶれをみると、 21世紀枠を除

記事を読む

広島カープ ジョンソン ノーヒットノーラン達成?

初ヒットで中日に逆転を許す! 2015年9月10日の広

記事を読む

巨人のユニフォーム

ああ、もう3月になってしまった。 ああ、もう2015年になってしまった。 年を重ねるにしたがって

記事を読む

松山東と二松学舎の不思議な縁

今回の選抜で、 ある意味最も注目されたのが 松山東高校かもしれません。 偏差値の高い進学校で

記事を読む

東大惜敗 13年ぶり勝ち点ならず!法大に1勝1敗 3回戦は宮台先発?

東大野球部、2002年以来の勝ち点奪取はならず。法大に4―6で惜

記事を読む

ロッテ 田中英祐は初回連続四球・4失点。3回6安打5失点でKO。

今日のQVCマリンは、 マリンフェスタという ロッテのファン感謝デーと併せて 田中英祐投手

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑