*

東海大相模 吉田・小笠原のリレーで決勝進出 関東一に快勝・オコエは1安打 2三振

公開日: : 野球

東海大相模 1回10球で4点先制・10-3で関東一に快勝・決勝戦は仙台育英と

第97回全国高校野球選手権大会の第13日第2試合は関東一高と東海大相模の準決勝でした。試合は、東海大相模が1回裏に鮮やかな集中打で試合の流れを引き寄せ、そのまま勝利しました。

集中打以外では5回表の関東一の攻撃での東海大相模の守備が目立ちました。1番のオコエ瑠偉選手のボテボテのショートゴロをうまくさばいた杉崎選手。2塁ランナーを置いた一塁側へのセイフティ気味バントを捕球した磯網選手は一塁にトスしようと見せかけて3塁をオーバーランしたランナーを刺す。残った1塁ランナーをキャッチャー長倉選手が盗塁で刺す。この時点で勝負ありだったかなと。
東海大相模の不安要素は、8回からマウンドにあがったエースナンバー1の小笠原慎之介投手がピシャっと抑えられなかったことくらいですかね。

学校 安打 失策
関東一 12
東海大相模 10 13

1回表の東海大相模は、1番の千野啓二郎選手が初球のストレートをレフト前ヒット。少々高目の球でした。続く、2番の宮地恭平選手が送りバントかと思いきや、ヒッティング。サード頭上を破るツーベースヒットで早々先制します。3番の杉崎成輝君は、今度はファーストを破るツーベースヒットで2点目。4番の豊田寛選手はレフトスタンドへのツーランホームラン。合計4点を4人の打者・たった10球で取ってしまうという鮮やかな先制劇で試合を決めるような感じでした。関東一の背番号10・阿部武士投手は、その後も2ベースとフォアボールを与え、アウトを一つも取れずに背番号16の金子尚生投手に交代。金子投手はその後流れを止めて、2回に1点を獲られましたが、ナイスピッチングでした。

東海大相模は、攻撃力はもちろんですが、投手力が今大会では一番ではないかと思います。決勝の相手・仙台育英は佐藤世那投手が大黒柱ですが、東海大相模は大黒柱になりうる投手が左腕の小笠原慎之介投手・右腕の吉田凌投手と複数いるわけです。机の上では、東海大相模が優位かなと思いますが、甲子園ですから、何が起こるかわかりません。

関連記事

背番号17 松本哲幣選手(敦賀気比)が高校日本代表に。

春の選抜も終了して、 世の中は新年度や花見の季節。 よく考えてみると、 春の選抜の時点での

記事を読む

東海大相模 45年ぶり優勝 エース小笠原が決勝ホームラン 仙台育英、1年生・西巻航大の起用当たる

原貢監督以来の優勝、2枚看板の東海大相模 第97回

記事を読む

サンデーモーニング 張本勲が黒田日米通算200勝にあっぱれ、広島優勝を予想

巨人はDeNAに抜かれる、広島は優勝で決まりと予想、筒香

記事を読む

大リーグ開幕。ヤンキース田中将大投手は3回に5失点。

いよいよ、大リーグも開幕。 日本では、ヤンキースの開幕投手が 田中将大投手になったことで 話題

記事を読む

常総学院、16安打・13盗塁じゃあ、まだまだ甘いよ

全国区の有名校・名門の 茨城県代表・常総学院(私立)と 初出場・無名校(ごめんなさい)の 鳥取

記事を読む

カープ初勝利。ジョンソン完璧だが、打線は菊池のHRのみ。

開幕戦の嫌な雰囲気を吹き飛ばす ジョンソンの快投だった。 オープン戦から安定したピッチング

記事を読む

敦賀気比、満塁HR2本で大阪桐蔭に圧勝。昨夏の雪辱。

本大会で一番楽しみな試合でした。 夏春連覇を狙う今大会の横綱・大阪桐蔭 一方、昨夏の雪辱なる

記事を読む

カープとまらず泥沼6連敗。またサヨナラ負け。福井はまずまず。リリーフが守れない・・・

プロ野球が開幕して1週間。 セリーグは、 全チームが8試合を消化した時点で、 順位はこのように

記事を読む

カープ 7度目で延長戦初勝利。菊池サヨナラホームラン。4番新井もホームラン。

マツダスタジアムでの 広島-ヤクルトの8回戦は セ・リーグの最下位攻防戦です。  

記事を読む

サンデーモーニング 西武・秋山を張本はどう評価?パリーグ投手に喝?

西武ライオンズの秋山と聞くと、秋山幸二を思い出す世代なんですが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2018年8月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑