*

東海大相模 吉田・小笠原のリレーで決勝進出 関東一に快勝・オコエは1安打 2三振

公開日: : 野球

東海大相模 1回10球で4点先制・10-3で関東一に快勝・決勝戦は仙台育英と

第97回全国高校野球選手権大会の第13日第2試合は関東一高と東海大相模の準決勝でした。試合は、東海大相模が1回裏に鮮やかな集中打で試合の流れを引き寄せ、そのまま勝利しました。

集中打以外では5回表の関東一の攻撃での東海大相模の守備が目立ちました。1番のオコエ瑠偉選手のボテボテのショートゴロをうまくさばいた杉崎選手。2塁ランナーを置いた一塁側へのセイフティ気味バントを捕球した磯網選手は一塁にトスしようと見せかけて3塁をオーバーランしたランナーを刺す。残った1塁ランナーをキャッチャー長倉選手が盗塁で刺す。この時点で勝負ありだったかなと。
東海大相模の不安要素は、8回からマウンドにあがったエースナンバー1の小笠原慎之介投手がピシャっと抑えられなかったことくらいですかね。

学校 安打 失策
関東一 12
東海大相模 10 13

1回表の東海大相模は、1番の千野啓二郎選手が初球のストレートをレフト前ヒット。少々高目の球でした。続く、2番の宮地恭平選手が送りバントかと思いきや、ヒッティング。サード頭上を破るツーベースヒットで早々先制します。3番の杉崎成輝君は、今度はファーストを破るツーベースヒットで2点目。4番の豊田寛選手はレフトスタンドへのツーランホームラン。合計4点を4人の打者・たった10球で取ってしまうという鮮やかな先制劇で試合を決めるような感じでした。関東一の背番号10・阿部武士投手は、その後も2ベースとフォアボールを与え、アウトを一つも取れずに背番号16の金子尚生投手に交代。金子投手はその後流れを止めて、2回に1点を獲られましたが、ナイスピッチングでした。

東海大相模は、攻撃力はもちろんですが、投手力が今大会では一番ではないかと思います。決勝の相手・仙台育英は佐藤世那投手が大黒柱ですが、東海大相模は大黒柱になりうる投手が左腕の小笠原慎之介投手・右腕の吉田凌投手と複数いるわけです。机の上では、東海大相模が優位かなと思いますが、甲子園ですから、何が起こるかわかりません。

関連記事

DeNA貯金10は17年ぶり。黒田5回降板。田中広輔は頼もしいが、一岡は心配。

  5月15日からは DeNA-広島の3連戦。 カープは黒田博樹投手が 中13

記事を読む

マエケン メジャーでソロホームラン 日本では2本、高校通算は27本塁打

前田健太はPL時代、大阪桐蔭の辻内からの死球後に意地のホームランを放

記事を読む

黒田博樹でも勝てず。カープ泥沼5連敗。もう救世主福井優也しかいない。

開幕前の評判が一番高かったと 言ってもいいのが、 1991年以来優勝から遠ざかり、 ここ数年を

記事を読む

カープ、泥沼7連敗。また延長で敗戦。大瀬良は9回に力尽き、一岡はまた負け投手。

今日は、キムタク選手の命日ですが、 キムタク選手はどっちを 応援しているんだろうか そう考えて

記事を読む

カープ7連敗後の2連勝。マエケン7回無失点で初勝利。中崎、ヒースで締めた。

今日は、 G 菅野智之投手 C 前田健太投手 のエース対決。 結果は1-0の最少得点差で

記事を読む

スザンヌと離婚した斉藤和巳!上田桃子と不倫だと、女性関係もダルビッシュ似?

スザンヌさんって、 名前も見た目もハーフっぽいけど そうじゃないんですね。 本名が山本紗衣さん

記事を読む

大瀬良大乱調 エラーあり 拙攻13残塁。収穫は中継ぎ陣かな。

3月31日の広島対横浜戦 いやあ、ひどい試合でした。 点数だけみると、 7-6で横浜の勝ち

記事を読む

フロントドアってなに?

フロントドアは、車のドアだと思っていました。 やっぱり、今日も野球ネタになっちゃいましたけど・・・

記事を読む

早稲田実 東海大甲府下しベスト8 清宮2ラン含む5打点 上條投手大活躍

早稲田実 清宮が甲子園発HR 松本・上條のリレーで快勝

記事を読む

背番号17 松本哲幣選手(敦賀気比)が高校日本代表に。

春の選抜も終了して、 世の中は新年度や花見の季節。 よく考えてみると、 春の選抜の時点での

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑