*

東海大相模 45年ぶり優勝 エース小笠原が決勝ホームラン 仙台育英、1年生・西巻航大の起用当たる

公開日: : 野球

原貢監督以来の優勝、2枚看板の東海大相模

第97回全国高校野球選手権大会の第14日、決勝戦は東海大相模と仙台育英の対戦でした。接戦の末、東海大相模が9回表のエース小笠原の決勝ホームランで優勝を決めました。6対6で迎えた9回表、東海大相模は小笠原のソロホームランから合計4点で試合を決めました。結果は、戦前の予想通りといっていいのかもしれません。投手2枚を擁する東海大相模が強かった。昨年の東海大相模は、この小笠原・吉田投手がいながら、盛岡大付属に破れて初戦敗退でした。

仙台育英の先発は佐藤世那投手しかいないわけですが、東海大相模の先発は、右腕の背番号11・吉田凌投手か、左腕のエース・小笠原慎之介投手か、というところ。先発は、エース小笠原でした。

学校 安打 失策
東海大相模 10 15
仙台育英

試合は、東海大相模が主導権を握る展開でした。1回と3回に2点ずつを得点した東海大相模は4-0でリードを奪います。
対する仙台育英は、3回裏にショートの杉崎成輝のエラーからチャンスをつかみます。1アウト2塁から、2番の青木がセンター前で1点。続く、3番の平沢がセンターへのツーベース、4番の郡司がライト前ヒット、5番の百目木がセンター前ヒットと四連打。小笠原投手は真ん中高めの球を打たれていましたね。たぶん、打ち取りにいった高目の球だったんでしょうけど。東海大相模には嫌な雰囲気が漂います。4-3の1点差ですから。
そんな嫌な雰囲気を吹き飛ばしたのが4回表の2点追加と、その裏を小笠原投手が初めて3者凡退に抑えたことです。東海大相模は、その後も、ショートがエラーしたりとプレッシャーがかかっていたようです。合計エラーは3個。ただ、主導権は一度も渡すことなくゲームセットを迎えそうな雰囲気だったんです。

しかし、そう簡単には終わりませんでした。やっぱり、東海大相模の小笠原投手は、見ていて安心できる感じではないんです。
6回裏の仙台育英の攻撃は1アウト満塁のチャンスでしたが、9番の佐藤世那が三振。1番の佐藤将太が粘って粘って、センターオーバーのタイムリースリーベースで同点。スライダーやチェンジアップにくらいついて、ファウルで粘り、低めのストレートを打たれました。このチャンスを作ったのは、1年生の代打・西巻選手。前の回にファインプレーをしていたキャプテンの3年生佐々木柊野に代わる代打には驚きました。

先発の小笠原投手は、危なげないピッチングとまではいきませんでした。真ん中高めの球を仙台育英にセンター返しされるケースが散見されました。しかし、やはり、投手2枚看板は強かったという結論になりそうです。9回の集中打も見事でした。

関連記事

広島カープ やっと連敗脱出。7連敗でストップ。野村6回2失点。ヒース抑えた。

やっと、カープの連敗が止まりましたね。 ここまで来ると、カープファン以外も 広島カープを応援

記事を読む

大阪桐蔭、次は常総学院と激突。

東の横綱、かもしれない常総学院 1回戦は16安打、13盗塁と 圧倒的な力で快勝。 今日の2

記事を読む

コリジョンルールで広島カープ赤松がサヨナラ打、菊池が生還

コリジョン適用サヨナラは初。キャッチャー上本の左足が原因か

記事を読む

○○のダルビッシュ

○○ビッグ3なんていうあだ名(?)が 先日話題になったので、 あだ名というとこの話をしたいなあと

記事を読む

日ハム 斎藤佑樹4失点KO・カープ 福井7回無失点で連敗ストップ 早大投手明暗・・・

今日の広島-中日戦では、 福井優也投手が先発、 日ハム-楽天戦では、 斎藤佑樹投手が先発でした

記事を読む

スザンヌと離婚した斉藤和巳!上田桃子と不倫だと、女性関係もダルビッシュ似?

スザンヌさんって、 名前も見た目もハーフっぽいけど そうじゃないんですね。 本名が山本紗衣さん

記事を読む

中京大中京 名電に逆転勝ち 4番伊藤寛・エース上野の活躍で27度目の甲子園

中京大中京・エース上野はストレート一本勝負、名電・エース福本

記事を読む

野村5回5失点の誤算。甲子園での悔しさを思い出せ!

広島 対 横浜 の2回戦。 まちがった、 広島 対 DeNAです。 いまだに、横浜とか大洋

記事を読む

サンデーモーニング 張本が栗山監督に喝!山田はあっぱれ

張本勲、栗山監督は大谷選手をもっと大事に使うべき

記事を読む

カープ、泥沼7連敗。また延長で敗戦。大瀬良は9回に力尽き、一岡はまた負け投手。

今日は、キムタク選手の命日ですが、 キムタク選手はどっちを 応援しているんだろうか そう考えて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2019年4月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑