*

東海大相模 45年ぶり優勝 エース小笠原が決勝ホームラン 仙台育英、1年生・西巻航大の起用当たる

公開日: : 野球

原貢監督以来の優勝、2枚看板の東海大相模

第97回全国高校野球選手権大会の第14日、決勝戦は東海大相模と仙台育英の対戦でした。接戦の末、東海大相模が9回表のエース小笠原の決勝ホームランで優勝を決めました。6対6で迎えた9回表、東海大相模は小笠原のソロホームランから合計4点で試合を決めました。結果は、戦前の予想通りといっていいのかもしれません。投手2枚を擁する東海大相模が強かった。昨年の東海大相模は、この小笠原・吉田投手がいながら、盛岡大付属に破れて初戦敗退でした。

仙台育英の先発は佐藤世那投手しかいないわけですが、東海大相模の先発は、右腕の背番号11・吉田凌投手か、左腕のエース・小笠原慎之介投手か、というところ。先発は、エース小笠原でした。

学校 安打 失策
東海大相模 10 15
仙台育英

試合は、東海大相模が主導権を握る展開でした。1回と3回に2点ずつを得点した東海大相模は4-0でリードを奪います。
対する仙台育英は、3回裏にショートの杉崎成輝のエラーからチャンスをつかみます。1アウト2塁から、2番の青木がセンター前で1点。続く、3番の平沢がセンターへのツーベース、4番の郡司がライト前ヒット、5番の百目木がセンター前ヒットと四連打。小笠原投手は真ん中高めの球を打たれていましたね。たぶん、打ち取りにいった高目の球だったんでしょうけど。東海大相模には嫌な雰囲気が漂います。4-3の1点差ですから。
そんな嫌な雰囲気を吹き飛ばしたのが4回表の2点追加と、その裏を小笠原投手が初めて3者凡退に抑えたことです。東海大相模は、その後も、ショートがエラーしたりとプレッシャーがかかっていたようです。合計エラーは3個。ただ、主導権は一度も渡すことなくゲームセットを迎えそうな雰囲気だったんです。

しかし、そう簡単には終わりませんでした。やっぱり、東海大相模の小笠原投手は、見ていて安心できる感じではないんです。
6回裏の仙台育英の攻撃は1アウト満塁のチャンスでしたが、9番の佐藤世那が三振。1番の佐藤将太が粘って粘って、センターオーバーのタイムリースリーベースで同点。スライダーやチェンジアップにくらいついて、ファウルで粘り、低めのストレートを打たれました。このチャンスを作ったのは、1年生の代打・西巻選手。前の回にファインプレーをしていたキャプテンの3年生佐々木柊野に代わる代打には驚きました。

先発の小笠原投手は、危なげないピッチングとまではいきませんでした。真ん中高めの球を仙台育英にセンター返しされるケースが散見されました。しかし、やはり、投手2枚看板は強かったという結論になりそうです。9回の集中打も見事でした。

関連記事

大阪桐蔭 対 敦賀気比 の因縁対決。今回は平沼君にちゃんと投げさせてほしい。

もう3月も30日。 以前であれば、 1日4試合が当たり前たったし、 休みもなかったから、

記事を読む

黒田博樹でも勝てず。カープ泥沼5連敗。もう救世主福井優也しかいない。

開幕前の評判が一番高かったと 言ってもいいのが、 1991年以来優勝から遠ざかり、 ここ数年を

記事を読む

日ハム・大谷初黒星 張本勲は喝を入れる?また飛ぶボールになった?

ついに、日本ハム・大谷投手の 開幕からの連勝記録が 止まってしまいました。  

記事を読む

フロントドアってなに?

フロントドアは、車のドアだと思っていました。 やっぱり、今日も野球ネタになっちゃいましたけど・・・

記事を読む

甲子園初出場 大阪偕成は鶴田浩二の出身校! 貧乏野球部のユニフォームの理由とは?

大阪桐蔭を破った大阪偕成は、鶴田浩二の出身校 第97回

記事を読む

東大野球部 94連敗でストップ 10回2つの野選は喝?9安打6点で勝利。明日は勝ち点狙ってネ。

野選って、 フィルダースチョイスのことです。 1イニングに 2つのフィルダースチョイスって

記事を読む

カープ 薮田 甲子園でメッセンジャーと対決 ロ ーテ枠に残れる?

広島カープ、元気ありませんね。最下位中日に負け越して、今

記事を読む

カープ初勝利。ジョンソン完璧だが、打線は菊池のHRのみ。

開幕戦の嫌な雰囲気を吹き飛ばす ジョンソンの快投だった。 オープン戦から安定したピッチング

記事を読む

黒田3安打120球完封 10年ぶりの巨人戦完封

2016年4月2日の巨人対広島の2回戦は、広島の黒田投手がジ

記事を読む

常総学院、16安打・13盗塁じゃあ、まだまだ甘いよ

全国区の有名校・名門の 茨城県代表・常総学院(私立)と 初出場・無名校(ごめんなさい)の 鳥取

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑