*

敦賀気比初優勝! 大阪桐蔭戦に続く恐怖の背番号17番 松本哲幣外野手。

公開日: : 最終更新日:2015/04/02 野球

第87回センバツの決勝戦は

雨の影響で1時間遅れの

13時30分に試合開始。

雨がパラつく天気なので、

ピッチャーからすると

嫌だっただろうと思います。

 

雨の影響か分かりませんが、

実際に、両投手とも四死球が

多かったです。

東海大四高の大沢投手の方が、

よく右手をポケットに入れていました。

ただ、四死球が多いわりには、

締まったゲームだったと思います。

 

結果はご承知のとおり、

8回裏に、大阪桐蔭戦で

2連続満塁ホームランを放った

松本選手の決勝ツーランホームランで

敦賀気比高校が初優勝しました。

1大会で3本のホームランというのは、

清原選手、元木選手、松井選手以来

ということです。

 

まず、8回裏から振り返ると、

4番平沼君のはフォアボールから

はじまります。

最後の変化球が死球になりそうで、

ヒヤッとしました。

5番山本選手が送りバント。

大沢投手は素直に1塁へ送球。

そう、大沢投手は、

この試合フィルダースチョイスが

2つありました。

1アウト2塁で、バッターは

6番松本選手。

1球目が外れて、

1ボールからの2球目は、

カーブが真ん中高めへ

松本選手は迷わず引っ張って

ライナーがレフトに上がった瞬間

入ると思いましたね。

打たれた後、東海大四高の大沢投手は

グラブをたたいて拍手しているように

見えたんですが、気のせいでしょうか。

 

基本的に、両投手とも直球以外は

高めに浮く球が少なかったんですが、

甘い球を打たれた、仕方ないな

という気持ちが大沢投手にあったのかも

しれません。

(後半へつづく)

 

 

この8回裏の決勝点の前に、

8回表の東海大四高の攻撃で

大チャンスがあったんです。

5番邵(そう)君が

右中間への二塁打を放つんですが、

これ、センターの山本君が

はじいているんです。

確かに、ヒット性のあたりでしたが、

エラー気味に見えたのと、

後半は東海大四高のペースだったんで、

この回が勝負だと思いました。

 

6番塩田君は送りバントするんですが、

送球は三塁へ。

三塁手はタッチしたんですが、

ボールをこぼしてセーフ。

ノーアウト二塁・三塁という

大チャンスに

バッターは今大会で

非常に当たっている

ピッチャーの大沢君です。

今日もヒットを打っていました。

1ストライクからの2球目で

スクイズ。

平沼投手は

バッター構えを見て外したのか

最初から外したのかは

正直よくわかりませんでした。

前者のように見えたけど、

キャッチャーは落ち着いていたので。

三塁ランナーは三本間にはさまれて

アウト。これで1アウト二塁に。

この時も、大沢君は手をたたいていた

ようにみえたから、

ホームランの後は拍手じゃないのかも。

大沢君は見逃し三振。

続く8番立花君はファーストゴロで

ノーアウト2・3塁が零点。

この裏に、

敦賀気比の松本君の2ランが

飛び出したのです。

 

9回表も平沼投手は、

低めに球が決まっていたし、

左打者のインコースにも

決まっていましたから、

優勝は間違いないなと思いました。

が、先頭バッターの9番渡瀬君は

その低めの球をはライト前ヒット。

1番冨田君は

セーフティバント気味の送りバントで

1アウト二塁。

その後の代打、酒本君は空振り三振。

3番山本君はピッチャーゴロ。

平沼君は一塁に走りながら

トスして試合終了でした。

 

敦賀気比の選抜初出場は

平成10年の70回大会。

松坂世代で横浜高校全盛時代。

松坂世代で敦賀気比といえば、

カープの東出選手ですが、

その時の4番が東監督です。

 

夏の大会でいうと、

敦賀気比の初出場は

平成6年の76回大会。

おととし、広島の大瀬良投手を

引き当てた田村スカウトが

活躍した年です。

樟南高校の福岡・田村の

バッテリーは優勝候補でした。

樟南 対 佐賀商 の決勝戦で

樟南有利と言われる中

福岡投手は、

9回表に4対4の同点から

佐賀商西原君に満塁ホームランを浴び、

呆然としている姿が

頭に残っています。

 

敦賀気比高校は、

どちらかというと新興勢力だったけど、

完全に全国区になりましたね。

(おわり)

 

関連記事

S1 ノムさんボヤキ解説、由伸巨人は強くないけど続く

2016年4月3日のTBSテレビS1で、解説

記事を読む

サンデーモーニング 張本が栗山監督に喝!山田はあっぱれ

張本勲、栗山監督は大谷選手をもっと大事に使うべき

記事を読む

神村学園(鹿児島)も第二大阪代表だった

前回、大阪出身者の野球越境入学が 多いことをお話したわけですが、 結構、意外な学校にも大阪出身が

記事を読む

仙台育英は、横綱相撲でした。

この試合、序盤から ちょっとイライラする試合です。 神村学園の北庄司投手 仙台育英の佐藤世那投

記事を読む

日ハム・大谷初黒星 張本勲は喝を入れる?また飛ぶボールになった?

ついに、日本ハム・大谷投手の 開幕からの連勝記録が 止まってしまいました。  

記事を読む

仙台育英 早実を7-0で決勝進出!清宮号泣?甲子園の土持ち帰らず。佐藤世那のフォークと平沢大河の3ランで快勝

早実・清宮はセカンドへの内野安打1本に終わる。甲子園の土は持ち帰

記事を読む

松山東と二松学舎の不思議な縁

今回の選抜で、 ある意味最も注目されたのが 松山東高校かもしれません。 偏差値の高い進学校で

記事を読む

ロッテ 田中英祐投手 1軍デビュー初登板は29日のQVCマリン西武戦 チケット売り切れ?

ロッテのドラフト2位右腕 田中英祐投手(京大)の 1軍での初登板が 4月29日(水・祝)となる

記事を読む

カープ7連勝は堂上剛裕に阻まれた。マエケンは自滅だな。

カープの連勝が6で止まった。 7連勝できなかったのは、 非常に痛いと思う。 連勝が止まった

記事を読む

DeNA貯金10は17年ぶり。黒田5回降板。田中広輔は頼もしいが、一岡は心配。

  5月15日からは DeNA-広島の3連戦。 カープは黒田博樹投手が 中13

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2018年12月
    « 6月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑