*

鹿実のサブマリン・谷村好投もエラーで敗戦、智弁学園・福元2ラン

公開日: : 野球

智弁学園、鮮やか逆転、7回に一挙4点で3回戦進出

2016年3月25日、第88回選抜高校野球大会の大会6日目第二試合は、智弁学園(奈良)と鹿児島実(鹿児島)の対戦でした。

どちらも、強豪の高校ですが、どちらかというと、最近の鹿児島実は少々、低迷気味かなと思います。
1回戦の常総学院戦で話題となったのは、リリーフで登場したサブマリンの谷村投手。満塁のピンチの場面で登板して見事に抑え、その後も常総学院を抑えたこと、現在では珍しいアンダースローの投手ということで、好意的な見方が多かったようです。背番号もエースナンバーではなく10番ですから、頑張ってほしいという気持ちにさせられた方が多かったのかなと感じます。

中盤以降も緊迫した投手戦が続いていましたが、結果としては、智弁学園が逆転勝ちを収めました。
鹿児島実の谷村君は、4点を失いましたが、エラーがらみで少々気の毒な感じがしました。


学校 安打 失策
鹿児島実
智弁学園 ×

今日の先発は智弁学園が村上投手、鹿児島実が谷村投手でした。鹿児島実は、前回の谷村投手の好投をふまえた起用なんでしょう。

1回表の鹿児島実の攻撃は、中村君のセンターへのヒット、佐々木君の打つもショートゴロでランナーが入れ替わって1アウト1塁、追立君のレフト前ヒットで1塁2塁とします。
綿屋君が見逃し三振 2アウトになりますが、板越君のセンターへのタイムリーヒットで先制します。

その後は両チームともランナーを出すんですが、なかなか得点できない状態が続きます。谷村投手も要所で締めるピッチングでしたが、村上投手の方は中盤以降は全くランナーを出していませんでした。これが、7回の一挙4得点につながったように思います。

鹿児島実業は、4回表に相手のエラーがらみでチャンスをつかんだものの、盗塁失敗のゲッツーでチャンスを潰し、その後は8回の満塁のチャンスまで、村上投手に抑えられた印象です。

7回の回裏智弁学園の攻撃は、鹿実のセカンド板越君がセカンドゴロをファンブルしてノーアウト1塁。ここから始まりました。送りバントで1アウト2塁となり、トップの納君が三振に倒れます。この三振は谷村君お見事という感じで雄叫びがあがります。ああ、これでチャンスは終わりかなと思ったのですが、2番岡沢君が深めに守っていたレフトの前に落ちるヒットで同点。その後、太田君のセカンドゴロをまたセカンドの板越君がファンブルして悪送球。その後、4番福元君の2ランが飛び出してトドメとなってしまいまいた。

鹿実の谷村君は、7回に4点失いましたが、ホームラン以外は打者を打ち取っていたと思います。しかし、ワンチャンスをものにした智弁学園が一枚上手だったのかなと。

関連記事

大リーグ開幕。ヤンキース田中将大投手は3回に5失点。

いよいよ、大リーグも開幕。 日本では、ヤンキースの開幕投手が 田中将大投手になったことで 話題

記事を読む

ハリル監督は、いつから再生工場になった?

今日は、ハリルジャパンの初陣。 チュニジア戦ですよ。 プロ野球も開幕ですし、 どっちを見れ

記事を読む

カープ 黒田2連敗 5割復帰・借金返済ならず セリーグ大混戦続く

久保のクイックが速すぎる! 7月7日(火)は、広島

記事を読む

嗚呼、ダルビッシュ

ダルビッシュさん、ケガしちゃっていたんですね。 右肘の側副靱帯を部分断裂といわれても、 一般人に

記事を読む

ロッテ 田中英祐投手 1軍デビュー初登板は29日のQVCマリン西武戦 チケット売り切れ?

ロッテのドラフト2位右腕 田中英祐投手(京大)の 1軍での初登板が 4月29日(水・祝)となる

記事を読む

黒田初勝利。我慢の投球で無失点。マエケンとの違いを見た気がする。

開幕3戦目は、予定どおり黒田の先発。 日本でのマウンドは、8年ぶりでした。 黒田個人の影響と

記事を読む

大阪桐蔭 対 敦賀気比 の因縁対決。今回は平沼君にちゃんと投げさせてほしい。

もう3月も30日。 以前であれば、 1日4試合が当たり前たったし、 休みもなかったから、

記事を読む

東海大相模 45年ぶり優勝 エース小笠原が決勝ホームラン 仙台育英、1年生・西巻航大の起用当たる

原貢監督以来の優勝、2枚看板の東海大相模 第97回

記事を読む

サンデーモーニング 3000本安打の張本氏、性格が悪いと自虐発言

大谷に大あっぱれ、オリックスのシーズン捕逸0に喝 20

記事を読む

くじ確認ミスで高山は阪神 金本監督「ビデオ判定でホームランに覆った気分」

くじ確認ミスで阪神は高山選手、仙台育英・平沢はロッテ、県岐阜商・

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2018年12月
    « 6月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑