*

怒り新党 夏目アナ卒業!後任は加藤綾子?上田まりえ?

公開日: : 最終更新日:2016/03/31 ドラマ・テレビ

怒り新党は、夏目三久のFLASH事件後、初めてのレギュラーだった

2016年3月30日のテレビ朝日・マツコ&有吉の怒り新党は、2011年の番組開始当初から総裁秘書として出演してきた夏目三久アナが卒業するという節目の回になりました。後任は後日発表されるとのことですが、まさか、このタイミングでフジテレビの加藤綾子アナじゃあないでしょうね・・・もしくは、マツコさんが一押しの元日本テレビアナウンサー・上田まりえさんでしょうか・・・・

3月30日の番組の最後には、夏目アナのご挨拶がありましたが、後任の発表はありませんでした。どうやら、改めて後日発表となるようです。

この番組は、夏目アナが週刊誌FLASHに掲載された事件(彼氏とのツーショット写真および避妊具と一緒の写真が掲載)による日本テレビ退社後、初めてフリーアナとして活動した番組でした。

もともとは、深夜帯の番組だったんですが、人気となったことで毎週水曜の午後11時15分からに移動。マツコさんと有吉さんという毒舌キャラの二人と夏目アナの絶妙の絡みでさらに人気となって現在に至っています。

夏目アナご自身も「マツコさん有吉さんのお2人には我慢強く温かく見守って頂いたと、本当に心から感謝しています」とコメントされており、思い入れのある番組だったのだろうと推察されます。

日テレアナウンサーの夏目アナは、看板アナウンサーとして人気絶頂にあったため、前述の週刊誌掲載は衝撃でした。彼氏との写真だけならまだ分かりますが、サガミの避妊具と笑顔で撮られた写真の流出というのは、前代未聞です。

衝撃写真の流出やフリーアナウンサーの飽和という逆境にもかかわらず、夏目アナが売れっ子になったのは、この怒り新党という番組が非常に大きいと思います。

夏目アナがマツコさんや有吉さんと絡むからこそ、怒り新党という番組が成り立っているという部分も多く、個人的には残念です。

東京都内の有名な高級住宅地で夏目アナを見かけたことがありましたので、やっぱり、フリーアナの売れっ子さんは儲かっているんだろうなぁという印象がありました。

今回の改変期に夏目アナだけが降板になってしまったとうことは、番組のマンネリ化を防ぐためでしょうけど、根本的な番組の内容がマンネリ化している部分が大きいようにも思うのですが・・・

夏目アナの後任は、常に比較されるでしょうから、大変でしょうし、なかなか代わりもいらっしゃらないのではないかなと。

2016年4月改変期の衝撃ニュースとしては、TBSラジオの大沢悠里のゆうゆうワイドが最終回というのもありましたが、こちらは伊集院光さんが十分穴を埋めてくれそうな気がします。一方、怒り新党の夏目三久アナの後任はどうなるでしょうかね・・・カトパンさんくらいしかビッグネームは思い浮かびませんね。

関連記事

ロンハー 何かとダラしない女ランキング 1位は上西小百合議員!

格付けし合う女企画に、上西衆院議員が参戦!

記事を読む

ロンハーのマジックメール企画。村本さんは全く企画に気付いていなかった。

見ました見ました。 ロンハーの人気企画の マジックメール作戦。 今回も本当に面白かった。 &

記事を読む

梅宮アンナは有田哲平と結婚したい?カルティエのピアスを有田へのネクタイに変える?

私の何がいけないの?で梅宮アンナが高級ブランドを売りに出す

記事を読む

浅岡雄也 有吉反省会でネット依存を告白!ツイッターで愚痴りすぎ!

浅岡雄也は「突然」ヒット時から、中身が爽やかでない性格 2

記事を読む

番長・清原が藤田ニコルと行列でバトル。木村佳乃と大倉士門が熱愛?

清原和博がきゃわたんポーズでイメチェン? 6月27

記事を読む

フジ 3割引きの加藤綾子アナ9月退社 めざましテレビでの途中退席でフリー決意?

カトパン、ことフジテレビアナウンサーの加藤綾子さんが9月

記事を読む

ロンハー 有吉の弟・隆浩さんはコチョコチョ労働10年勤続

有吉の初恋相手は熊野第一小・織田さん 2015年12月

記事を読む

怒り新党 新三大の港区港郷土資料館は縄文土器おさわりOKの珍しい博物館

港区港郷土資料館は動物の骨から縄文土器・弥生土器・土師器まで

記事を読む

しくじり先生 元ホワイトベリー・前田由紀 夏祭りの封印解いて200本のオファー

Whiteberry解散時は

記事を読む

私の何がイケないの?浅香光代の終活!隠し子の父=大物政治家S=佐藤栄作?鈴木善幸?

離婚経験ありの芸能人の再出発と浅香光代さんの終活の特集

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2018年8月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑