*

大リーグ開幕。ヤンキース田中将大投手は3回に5失点。

公開日: : 野球

いよいよ、大リーグも開幕。

日本では、ヤンキースの開幕投手が

田中将大投手になったことで

話題になっています。

大リーグでの日本人の開幕投手は、

ダルビッシュ以来5人目です。

といいたいところですが、

4人目でした。

ダルビッシュ投手は、開幕前に

登録抹消されたので・・・

日本人投手の開幕投手実績は、

以下のとおりとなっています。

 

—–

野茂英雄投手

(タイガース1回・ドジャーズ2回)

松坂大輔投手

(レッドソックス1回)

黒田博樹投手

(ドジャース1回)

ダルビッシュ投手

(レンジャーズ)

⇒開幕前に登録抹消のため実現せず

—–

 

松坂投手が開幕投手だったシーズンは

大リーグでのキャリアハイの成績で

18勝3敗。

その後は、WBCの影響での故障から

結果を残せなくなりましたね。

 

もう一つ、野球のことでいうと、

今週の11日(土)は、

東京六大学野球が開幕します。

東大が連敗を止められるのか、

止めるとしたら相手はどこなのか、

非常に興味があります。

(後半へつづく)

 

 

田中投手が開幕投手に指名されたのは、

当然オープン戦でもそれなりの成績を

残したことからなんでしょうが、

球速が以前より下がっていることから

今年は本当に活躍にできるのかと

疑問の声が多い模様です。

 

アメリカの新聞では、

不成功予想ランキングで

3位に入っていて

—–

すべての人間を幻惑し、

オールスターで先発するが、

彼の肘は最終的に力尽き、

トミー・ジョン手術を受ける

ことを強いられる

—–

と書かれているそうです。

 

しかし、この日本語訳は

どうにかならないものかねえ。

「人間を幻惑し」

「受けることを強いられる」

間違いじゃないんだろうけど、

ただの訳で少なくとも翻訳ではない。

特に幻惑の方の訳はひどいな。

 

日本語訳はさておき、

昨年、田中選手が肘の靭帯を

痛めてしまった際、

根治手術を受けずに、

保存療法を選んだことに

疑問の声が大きいのでしょう。

さらには、

大リーグを代表する投手であった

ペトロ・マルチネス氏までもが

1年を通して健康な状態で

いることはできないだろう

と発言して、話題になりあました。

マルチネス氏も、

直球の球速を問題にしていて、

今季の途中で肘が壊れるのではないか

と予想しているのです。

 

アメリカの世論全体は、

田中投手の活躍に否定的という風に

感じる報道が続いていますが、

私が感じているのは、

田中投手の考え方に否定的

ということなんだと思います。

もっと言わせてもらうと、

田中投手の考え方というより

日本人的な考え方に否定的という

ことなのではないかと。

 

田中投手だって、

トミー・ジョン手術が根治手術で

PRP療法が保存療法に分類される

ことくらい十分知っているはずだ。

それなのに、

どうして後者を選んだのかというと、

これは私の勝手な予想だが、

チームに迷惑をかけたくない

という気持ちが強いからだと思う。

トミー・ジョン手術をすると、

仮に、完全復活できたとしても、

少なくとも1年はシーズンを

棒に振る。

しかし、保存療法なら

数カ月で復帰できる。

仮に、いい時の8割のピッチングしか

できなかったとしても、

よりチームに貢献できる可能性が高い

そう考えたんじゃないかと思う。

 

もちろん、保存療法仕様の

マイナーチェンジしたピッチングが

全く通用しないリスクもあるが、

昨年の復帰登板で目途がついたから、

このまま手術をしないという選択肢を

貫いたのではないだろうか。

 

田中投手の日本での最後の登板は、

日本シリーズ最終戦の9回で、

わざわざ志願登板しましたよね。

この時も、大リーグ関係者からは

非常に驚かれて、

この登板で肩・肘のリスクが

高まったと言われていました。

こういう田中投手の性分を

考えた場合に、

どうしてもチームを

優先したんじゃないかと

思わずにいられないのです。

おそらく、どちらかというと

アメリカにおける考え方は、

個人の成績の延長線上にチーム

というのが主流でしょうから、

否定的な意見が多いのは

仕方ないとは思いますが。

 

本題の開幕ゲームの登板ですが、

3回に5点を奪われてしまいました。

ヒットとフォアボールに

エラーがからんで1点を奪われ、

その後2点タイムリーと

ツーランを浴びています。

4回途中で、奪三振5ですから、

スピードが落ちていても、

三振は取れるんじゃないかな。

でも、球数が多いのが気になります。

(おわり)

 

関連記事

日ハム・大谷初黒星 張本勲は喝を入れる?また飛ぶボールになった?

ついに、日本ハム・大谷投手の 開幕からの連勝記録が 止まってしまいました。  

記事を読む

カープとまらず泥沼6連敗。またサヨナラ負け。福井はまずまず。リリーフが守れない・・・

プロ野球が開幕して1週間。 セリーグは、 全チームが8試合を消化した時点で、 順位はこのように

記事を読む

日ハム 斎藤佑樹4失点KO・カープ 福井7回無失点で連敗ストップ 早大投手明暗・・・

今日の広島-中日戦では、 福井優也投手が先発、 日ハム-楽天戦では、 斎藤佑樹投手が先発でした

記事を読む

カープ7連勝は堂上剛裕に阻まれた。マエケンは自滅だな。

カープの連勝が6で止まった。 7連勝できなかったのは、 非常に痛いと思う。 連勝が止まった

記事を読む

広島カープ 黒田 9年ぶり巨人戦完封ならず 9回裏サヨナラ負け 明日はルーキー・薮田が先発

6月30日の広島対巨人の12回戦は、広島が黒

記事を読む

カープ 7度目で延長戦初勝利。菊池サヨナラホームラン。4番新井もホームラン。

マツダスタジアムでの 広島-ヤクルトの8回戦は セ・リーグの最下位攻防戦です。  

記事を読む

8月6日 甲子園開幕戦は鹿実が北海を橋本・有村・堂脇のリレーで圧勝!

8月6日は広島の原爆、鹿児島では8・6水害の日 201

記事を読む

巨人 田口麗斗が初先発初勝利。決勝タイムリーも放つおまけつき。19歳6カ月の救世主。

今日14時試合開始の ヤクルト 対 巨人の2回戦は、 ヤクルトのベテラン左腕 小さな大投手

記事を読む

広島・オスカル登板過多だろ、5点差を逆転される

中日の逆転勝ち。広島はジョンソンで開幕2連敗

記事を読む

仙台育英は、横綱相撲でした。

この試合、序盤から ちょっとイライラする試合です。 神村学園の北庄司投手 仙台育英の佐藤世那投

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2018年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑