*

警視総監賞62回の元警視庁警部が覚醒剤所持で逮捕。暴力団とグル?

公開日: : ニュース

このところ、

教育者のハレンチな不祥事

目立っておりましたが、

今回は、犯罪を取り締まるお膝元の

警視庁の元職員が、覚醒剤所持で

逮捕されるという事態になりました。


唯一の救い、不幸中の幸いは、

現役の警察官ではなかった

ということぐらいでしょうか。

現在は、退職して、

タクシーの運転手を

されているとのことです。


逮捕されたのは、

警視庁小松川署に以前勤務していた

白井聖志容疑者です。

現在、66歳で、

退職時の階級は「警部」です。

言わずもがな、ですが、

相棒の杉下右京と同じ階級ですね。


ただ、杉下警部と異なる点は、

警視総監賞を62回も受賞している

という輝かしい経歴の持ち主だと

いうことです。

警察官は、

犯人を逮捕して事件を解決したり、

その他人命救助等々といった

結果を残した時に、

内部での表彰がいろいろと用意

されているそうです。

署長賞や刑事部長賞などといった

表彰の最上位にあたるのが

警視総監賞です。


したがって、

それなりに難易度の高い事件を

解決に導いたり、

人命救助等であれば、

かなりの功績をあげていなければ

警視総監賞はもらえない賞なのです。


杉下さんは、警察幹部から

相当嫌われているはずですから、

賞とは無縁でしょうし、

本人もそれを望んでいるふしは

ないんだろうと思います。


今回の逮捕で疑われているのは、

江戸川区にある自宅に覚醒剤を

所持していたことになります。

ついで、といってはなんですが、

交際相手の女性も

同様の覚醒剤所持の疑いで

逮捕されているとか・・・。


白井容疑者は、

警視庁で現役として勤務していた頃

担当は、暴力団や薬物の捜査であった

ということですので、

ミイラ取りがミイラになった形と

なっています。


ここで気になるのは、

在職中の業務をきっかけとして

覚醒剤に手を染めてしまったのでは

ないかということです。

(後半へつづく)

 

 


普通に考えれば、

覚醒剤の入手ルートをたどっていくと

どう考えても

裏社会だったり、

暴力団だったり、

○○だったりと、

××だったりと、

そういう類の方々へつながることは

明らかです。

しかも、在職中の業務が

暴力団の取り締まりや

覚醒剤の取り締まりであって、

警視総監賞を62回も受賞している

となりますと、

安易な考えではありますが、

ある仮説が成り立ってしまいます。


警視総監賞を受賞するレベルの

暴力団の取り締まりや

覚醒剤の取り締まりとなれば、

それなりに大きな仕事をしないと

いけないわけですよね。


暴力団であれば、一斉摘発で

上部組織から下部組織の末端まで

大勢の逮捕者を出す。


覚醒剤であれば、

グラム単位ではなくて

キログラム単位の覚醒剤を押収する。


こんなレベルの功績が必要に

なると思いませんか?

大きな功績をあげるのに

一番簡単なやり方というのは、

暴力団および覚醒剤所持者と

グルになることではないでしょうか。

NHKのクローズアップ現代で

やらせが発覚したようですが、

テレビでいうと「やらせ」ですよ。


一見、やらせをすることで

暴力団には何のメリットもないように

思えますが、

その辺はお互いがプロですから

うまくやるんでしょう。


100の犯罪のうち、

90の犯罪を見逃してあげる代わりに

10の犯罪については、

暴力団側から警察官に

ネタばらしをしてしまう。


その他だと、警察官は

10の犯罪について、

ネタばらしをしてもらう代わりに、

警察の内部情報を暴力団に提供する。


お前、ドラマの見すぎじゃないか?

と言われてしまいそうですが、

暴力団・覚醒剤という範疇になると

一番こういう取引が行われやすい

そんな気がしてなりません。


杉下さんが

恫喝・激情している姿を

思い浮かべてしまうのは

私だけでしょうか・・・


これも、ドラマの影響だと

言われてしまうかもしれませんが、

警察が身内を甘く扱うことは

避けてほしいものです。

(おわり)

 

関連記事

マイナンバー制度で税金を取りやすくなるのか?

国民総背番号制と聞くと、 ずいぶん昔のお話のように思います。 今までのイメージだと 住基ネット

記事を読む

8.6秒バズーカー 原爆ネタ+反日を完全否定 苦しい弁明?

8.6秒バズーカーは、 はまやねん さんと 田中シングル さんの 同級生コンビ。 ラッス

記事を読む

上西議員のアイメークに苦言。これこそエモーショナルな反応かも。

話題に事欠かない 上西小百合衆議院議員・・・。 昨日は、 今回のさぼり疑惑の騒動後 初め

記事を読む

米倉涼子、モラハラで会社社長と離婚間近か。妊娠は諦めた?

米倉涼子さんが、昨年12月26日に 広告代理店社長と電撃入籍されたのは 記憶に新しいですよね。

記事を読む

佳子さまのICU入学で学習院離れ決定的 富士急御曹司が花婿って、まだ早いでしょ!

皇室の方々は、小学校から大学まで、 必ず学習院に行って、卒業される。 どうして学習院に進学される

記事を読む

上重アナ 松坂ボールを横流し報道 本当に厚意をお金に?

日本テレビの上重聡アナウンサー、 また、疑惑がでてきたみたいですね。 先日、 ABCマート

記事を読む

テンガロンハットの萩原流行 バイク事故で死亡 原因はうつ病悪化?倫太郎なら…。

今日4月22日の18時頃 東京・杉並区の路上で、 バイクに乗っていたとみられる 男性が倒れてい

記事を読む

科研費不正受給で日本学術振興会の適当さが暴露?悪いのは北大教授夫妻だけじゃない?

文部科学省管轄の 日本学術振興会が交付している 科学研究費補助金を 不正受給したということ

記事を読む

エリカ様こと上西小百合議員、大阪維新の会と維新の党の両方で除名処分。両方の処分って、何か違うの?

浪速のエリカ様こと、 「元」維新の党・衆議院議員の × 上西エリカ ○ 上西小百合 議員。

記事を読む

上西小百合 浪速のエリカ様が写真集発売!葉加瀬マイにそっくり?

上西小百合と葉加瀬マイが似ている! 元維新の等所属で、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2019年2月
    « 6月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑