*

カープ芸人、最高視聴率は石原捕手のインチキ演技!

公開日: : 最終更新日:2015/04/02 野球

アメトークで、

再びカープ芸人が扱われるのみならず、

その視聴率がニュースになるなんて、

時代が変わったなぁと実感いたします。

 

盛り上がってくれるのはいいのですが、

ここ数年のカープブームは

ちょっと違和感があるのも事実。

 

番組で山根さんも言われていましたが、

昔からのカープファンで

最近カープファンになっている人を

よく思わない気持ちはよくわかります。

 

カープに似ていると

言えるかどうかわかりませんが、

昔からの日ハムファンの方も、

昔からのカープファンと同じ思いを

しているんじゃないかなと思います。

 

日ハムが北海道に行く前から、

いや、それこそ

実力のパリーグ、人気のセリーグ

と呼ばれていた時代から

日ハム、および

パリーグ球団を応援している方々は

このにわかファンめ!

という気持ちがあるんでしょう。

 

ただ、一方でやはり

いわゆる大衆受けするためには、

女性の力(=カープ女子)が

必要なのかなと思わずにいられません。

 

他球団でも

オリックス ⇒ オリ姫

阪神 ⇒ TORACO

ソフトバンク ⇒ タカ嬢

などとネーミングして、

女性客をあおっているみたいですし。

 

それにしても、

オリ姫、タカ嬢って・・・どうなんだろうか。

 

ファンが増えれば、盛り上がり、

観客動員も増えてくるし、

グッズの売り上げも増えてくる。

 

そうなれば、球団経営的にプラスだし、

いい選手を取りやすくなる

と考えてしまえば、

昔からの広島ファンの方も

少しは納得できるのではないかと思います。

(後半へ続く)

 

 

番組では、

黒田選手の話題やエピソードが

ほとんどをしめていました。

 

黒田選手は、大卒のプロ入りです。

逆指名でドラフト2位なのですが、

高校時代は控え投手、

大学でも最初から注目されていた

わけではありません。

 

1年先輩の小林幹英投手は

早くから注目されていたようですが、

黒田はそれほどでもなかった。

 

そんな時代から広島が目をつけて

気にかけてくれていたのに対して

黒田選手は恩義を感じている、

というお話でした。

21億をけって

4億のカープに戻る理由のルーツは

ここから始まっていたんですね。

 

今年の黒田選手の税金は9億らしいので、

今年の年俸が4億+出来高であっても、

絶対に収支はマイナスになってしまいます。

それでも、広島を選ぶというのは

並大抵のことじゃないなと

改めて感じてしまいます。

 

ちなみに、黒田選手のの担当スカウトは

苑田聡彦現スカウト統括部長。

入団前から相思相愛だったようです。

 

苑田聡彦といえば、

あの広岡達朗氏が手を焼いた選手です。

 

その昔、当時カープ監督の根本睦夫氏は

コーチとして広岡を呼び寄せた。

で、苑田を内野手にコンバートさせろという

根本からの指令で広岡が指導するのだが、

苑田のセンスはゼロだったそうなんです。

 

苑田は全く上達せず、

精神的にも参ってしまい

広岡も無理だとさじを投げようとした。

広岡は根本に進言するが、

根本は俺が責任を持つから

とにかく指導を続けろ!と命令。

 

根気強い指導のおかげで、

苑田は内野手としての動きを

少しずつ身に付けていき、

一人前になっていったそうです。

 

この出来事は、

名将といっていい広岡監督にとって

指導者としての原点といっていいくらい

貴重な経験だったそうです。

 

そんな指導をうけた

苑田スカウトだったからこそ、

黒田選手の潜在能力を評価できたのかも

と感じずにはいられませんでした。

都合よすぎる解釈ですかね?

 

黒田選手以外にも、

カープマニアしか知らないような話題も

色々ありましたが、

やっぱり一番おもしろかったのは、

石原捕手のインチキ演技でした。

 

これが瞬間最高視聴率24%とは・・・

みなさん、よくわかっていらっしゃる。

 

ランナー1塁の場面で

ピッチャーの投球を

こぼしてしまった石原選手は、

必死にホームベース付近で

ボールをさがします。

 

しかし、探せど探せど見つからず、

右往左往している状態。

 

当然、

一塁ランナーは二塁を狙うんですが、

二塁に進むかどうか判断しかねている。

 

そこで、石原捕手は走者を牽制すべく

ボールを見失っているのに、

見つけたふりして、

グラウンドの砂を握って投げるふり。

これって、トリックプレーなのかな?

相手ベンチの中畑監督ほかが爆笑。

 

何とも、頭脳的なプレーでした。

 

(おわり)

 

関連記事

カープ 6時間21分かけて、マエケン・大瀬良・中崎出して巨人のサポート

広陵出身の小林誠二が決勝タイムリー 2015年

記事を読む

カープ黒田 荒れ球 藤浪に激怒 前田智徳-江村将也の再現か・・・

タイガース藤浪の投球、2球続けて黒田へ飛んできた。2球目は頭をかすめるくそボール。 今日の阪神-広

記事を読む

PLの4番 マエケン 3回2ラン!7回無失点で15勝目 最多勝?CSは阪神次第!

元PLの4番・前田健太、生涯2本目の2ランホームラン!

記事を読む

日ハム 斎藤佑樹4失点KO・カープ 福井7回無失点で連敗ストップ 早大投手明暗・・・

今日の広島-中日戦では、 福井優也投手が先発、 日ハム-楽天戦では、 斎藤佑樹投手が先発でした

記事を読む

神村学園(鹿児島)も第二大阪代表だった

前回、大阪出身者の野球越境入学が 多いことをお話したわけですが、 結構、意外な学校にも大阪出身が

記事を読む

張本がマエケン勝利を騒ぎすぎと喝 最低モーニング

マエケン6回無失点くらいで騒ぐな、アメリカ野球に喝

記事を読む

マエケン メジャーでソロホームラン 日本では2本、高校通算は27本塁打

前田健太はPL時代、大阪桐蔭の辻内からの死球後に意地のホームランを放

記事を読む

コリジョンルールで広島カープ赤松がサヨナラ打、菊池が生還

コリジョン適用サヨナラは初。キャッチャー上本の左足が原因か

記事を読む

甲子園初出場 大阪偕成は鶴田浩二の出身校! 貧乏野球部のユニフォームの理由とは?

大阪桐蔭を破った大阪偕成は、鶴田浩二の出身校 第97回

記事を読む

広島・オスカル登板過多だろ、5点差を逆転される

中日の逆転勝ち。広島はジョンソンで開幕2連敗

記事を読む

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2018年6月
    « 6月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑