*

しくじり先生 元ホワイトベリー・前田由紀 夏祭りの封印解いて200本のオファー

公開日: : 最終更新日:2015/07/22 ドラマ・テレビ

Whiteberry解散時は、やっと自由になれると喜んでいた

7月15日の「夏祭り直前!しくじり先生でサマステ熱血応援スペシャル」では、元ホワイトベリーの前田由紀先生がが出演されていました。その他の出演者は次のとおりです。

Whiteberryといえば、夏祭りが代名詞となっていますが、その他にもたくさんの楽曲を耳にされている人が多いと思います。それもそのはず、全11曲のうち8曲までがタイアップされた曲だからです。

  • 1st・YUKI⇒フジテレビ系「めちゃ×2いけてるッツ!」エンディングテーマ
  • 2nd・Whiteberryの小さな大冒険⇒CMソング
  • 3rd・夏祭り⇒ドラマ主題歌
  • 5th・桜並木道⇒CMソング
  • 6th・かくれんぼ⇒アニメ映画テーマ曲
  • 7th・立入禁止⇒番組イメージソング
  • 9th・BE HAPPY⇒ドラマ挿入曲
  • 11th・信じる力⇒アニメエンディングテーマ

このようなタイアップが多いという状況は、他のアーティストからすると、うらやましいに違いありません。しかし、当時の前田由紀さんは、「はあ?頼んでねぇし!」と考えていたそうなのです。
13歳でデビューした前田さんに対して、レコード会社の大人たちはよかれと思って、色んなことをやってくれていたわけです。タイアップ以外にも、Whiteberryの売り出し方・路線を考えたり、前田さんの前髪・眉毛・メイクに口出ししたりしていましたが、本人たちの将来を考えてのことでした。しかし、当時の前田さんに、そんな大人たちは、ウザい人にしか映っていませんでした。色々と大人から注文をつけれれた前田さんは、言われたことやりたくないシンドロームに陥ってしまいました。そういう経緯もあって、Whiteberryが解散した時、自由になれるという気分だったのです。

初ソロライブのお客さんは5人

Whiteberryが解散すると、前田さんは早速上京して、音楽活動を始めます。音楽活動もそうですが、東京でバイトをしながら高円寺で家賃5万円のワンルームアパートで生活することに強いあこがれがあったそうです。

初ライブのお客さんはなんと5人。元Whiteberryということを隠していたにしても、この数字はショッキングです。しかも、その5名は顔見知りレベルの方がほとんどでしたし、客席は300人入る会場だったそうです。
前田さんは自由という言葉に酔いしれてしまい、自由を求めて上京すること、バイトをしながら夢を追うことが目的になってしまい、せっかくのソロデビューの話すら断ってしまいました。下積みを経験してみたかったということですが、もったいなさすぎます。それくらい、自分の将来が大人の敷いたレールに影響されることを嫌悪していたのです。私の自我が無くなってしまう、私をめメチャクチャにされてしまうと考えていたというのはご本人談。
前述のとおり、高円寺でバイトをしながら自由を謳歌していましたが、厳しい現実を突きつけられるまでに、時間はそれほどかからなかったようです。そのためか、ソロ活動を開始してから、自分は何をやっていいのか分からなくなり、パンクバンドをやってみたり、ひとりで引き語りをやってみたりと、路線が定まりませんでした。この自由な日々を送っているときに作った曲として「土」という曲があるのですが、かなり微妙です。

「土」の歌詞
あの娘は華 ハラハラハラめしべ揺らして踊っている
あたしはそれを引き立てる土のようなもの
劣等感にまみれてる水かぶる横スクスク育つ
着飾っても無駄ジトジトしている

それ以外にも、夜中(丑三つ時)に自画像を描いたり、誰ともしゃべらなかったり、チャラチャラした大学生にイラついたり、夜中に部屋を飛び出して自転車を立ちこぎしたりと、少々病んできてしまいました。

夏祭り歌ってください、に救われた

そんな混迷を極めていた2013年に、救われる時がきました。「夏祭り歌ってください」というオファーが入ったのです。地元のイベントで歌ってほしいというオファーで、熱い気持ちが響き、封印を解くことを決意します。そこで感じたのは、歌ってこういうものなんだ、ということでした。みんなが喜んでくれて笑顔になる。7年間を経て、やっと封印するという気持ちが変化し、また夏祭りを歌おうと決めたのです。去年は「夏祭り歌って」というオファーが200本も入ったそうです。自分のために歌っても意味がないことにやっと気づいた前田先生でした。今まで自分が考えていた自由は、反抗心からくるものであり、本当の自由ではなかったのです。

関連記事

辻岡義堂は天狗?野心家?行列でキャラ全開 マツコ苦笑

日テレの辻岡義堂アナといえば、 汗かきキャラが定着してきましたね。 2014年の 好きなア

記事を読む

クレイジージャーニー・アンガ族のフィンガーネックレスを山口由美が紹介

内陸の部族・アンガ族は親戚が死んだ後に女性が指を切り落と

記事を読む

ダウンタウンなう 清原・加護・上西小百合が薬・刺青・喫煙・離婚をお悩みはしご酒スペシャルで暴露!

2015年8月28日のダウンタウンなうは、お悩みはしご酒スペ

記事を読む

しくじり先生 実力不足・滝沢君似のはんにゃ川島は小橋建太と同じ腎臓がん

はんにゃの漫才の実力は大学生並みで実力不足 2016年

記事を読む

有吉反省会 渡鬼の宇野なおみは早稲田卒でセクシー路線転向?いいあんばいのブス加減で整形疑惑?

元・人気子役2人が有吉反省会に揃って出演 6月27日の

記事を読む

しくじり先生 メンタリストDaigo 引退騒動は炎上マーケティングだった。

ゴールデン進出後 最初しくじり先生は 堀江貴文さんでしたが、 2時間目の授業は メンタリスト

記事を読む

岩本乃蒼 マツコが怖いと行列で告白。フジなら2次試験で落ちる顔?

行列のできる法律相談所で 入社2年目・23歳の岩本乃蒼アナが マツコ・デラックスさんへの 恐怖

記事を読む

怒り新党 ランプシリスは新・3大詐欺師みたいな動物

二枚貝のランプシリスは、ブラックバスに卵を寄生させる! 201

記事を読む

アメトーク 第4回芸人ドラフト会議 オカリナはフレッシュブス 大谷ノブ彦は嫌われ者?

⇒1位~4位の詳細はこちら 5位~8位は指名競合なし。小杉のドラフトメンバーは滅茶苦茶で批

記事を読む

初めて○○最終回 ららぽーと富士見オープンの来場者は10万人以上

今回が最終回の放送だった 初めて○○やってみた は、 テレビ朝日の 宇賀なつみアナウンサーがM

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2019年5月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑