*

カープ初勝利。ジョンソン完璧だが、打線は菊池のHRのみ。

公開日: : 最終更新日:2015/04/02 野球

開幕戦の嫌な雰囲気を吹き飛ばす

ジョンソンの快投だった。

オープン戦から安定したピッチング

だったので、ジョンソン自体は

心配していなかったけど、

打線の不安は継続中ですな。

スタメンは次のとおりでした。

—–

1番 ライト  鈴木誠也

2番 セカンド 菊池涼介

3番 センター 丸佳浩

4番 ファースト グスマン

5番 レフト 松山竜平

6番 ショート 梵英心

7番 サード 美馬優槻

8番 キャッチャー 石原慶幸

9番 ピッチャー ジョンソン

—–

高卒3年目の美馬が

プロ初めての先発起用でサード。

1戦目サードの梵がショート。

ということは、

1戦目ショートの田中はベンチです。

キャッチャーは、會澤ではなく石原。

内野陣は、予想どおり、

試合によって

流動的な布陣になってくるようですね。

ただ、1つ言えるのは、

それでも堂林は厳しそうだということです。

このままだと、レギュラー取りどころか

1軍も厳しいのはないかな。

奥さんの枡田絵理奈アナが

バッシングされないように頑張って

ほしいものですけどねぇ・・・

(後半へつづく)

 

 

この日の得点は、

3回裏2死からの菊池のソロホームラン。

ヤクルト先発石川の失投でしょ、これ。

真ん中高めの打ちごろの球でしたね。

ちなみに、

菊池がカープの今季初ホームランです。

先発ジョンソンは、文句のつけようが

ないピッチング。

ヒット性の当たりすらなかった。

途中までは。毎回奪三振でしたしね。

試合全体でも、ヒヤッとしたのは、

グスマンが打球をはじいた時くらいかな。

唯一のヒットは、

7回の山田のライト前ヒット。

ライトにふわっと上がったフライで

いわゆるポテンヒットに近かったけど、

巷では取れたんじゃないかという声も

多いようです。

 

確かに、

取れそうなあたりではあったかなけど、

赤星さんは冷静な判断と言っていたし、

まぁ仕方ないのかな。

ライトの鈴木誠也が、開幕戦、2戦目

といいところがなかったのも、

色々言われる原因かと思います。

終わってみると、

ジョンソンは105球の完投で

四死球も与えないピッチング。

ストレートは、コンスタントに

140キロを超えているし、

変化球もきちんと構えたところに

きている印象。

チェンジアップとカーブで緩急も

ついていたと思います。

ストライクも先行していたので、

安心して見ることができた。

でも、さすがに7回のヒットには、

ちょっとがっかりしている感じが

しましたが、私だけでしょうか。

 

しかし、このジョンソン投手。

なんでも、9回投げて四死球なしは

初めてなんだとか。

しかも、打つ方でも

1安打1四球というおまけがつく。

広島カープの外国人は、

どうしてこんなにあたるんだろう。

バリントンが抜けたのを心配する声が

多かったけど、むしろ心配すべきは、

打線と守備なんじゃないかな。

(おわり)

 

関連記事

Gドラ3高木勇人投手。黒豆王子は開幕投手候補だった。

ここ1~2年の巨人の投手陣 を見ていると、 大切な試合を任せられるのは 菅野智之投手くらいだな

記事を読む

カープ 黒田2連敗 5割復帰・借金返済ならず セリーグ大混戦続く

久保のクイックが速すぎる! 7月7日(火)は、広島

記事を読む

大阪桐蔭は故意死球のはじまり

ぼちぼち 春のセンバツ高校野球が始まる季節。   顔ぶれをみると、 21世紀枠を除

記事を読む

S1 ノムさんボヤキ解説、由伸巨人は強くないけど続く

2016年4月3日のTBSテレビS1で、解説

記事を読む

敦賀気比初優勝! 大阪桐蔭戦に続く恐怖の背番号17番 松本哲幣外野手。

第87回センバツの決勝戦は 雨の影響で1時間遅れの 13時30分に試合開始。 雨がパラつく

記事を読む

カープ芸人、最高視聴率は石原捕手のインチキ演技!

アメトークで、 再びカープ芸人が扱われるのみならず、 その視聴率がニュースになるなんて、 時代

記事を読む

サンデーモーニング 張本が栗山監督に喝!山田はあっぱれ

張本勲、栗山監督は大谷選手をもっと大事に使うべき

記事を読む

張本勲 カズの次はまた二刀流 大谷翔平へ苦言?5年でダメ?投げ込み 走り込み必須?

今日の日ハム-ロッテ戦 二刀流の大谷翔平選手は 3番DHで起用されました。 しかも、3回表のツ

記事を読む

背番号17 松本哲幣選手(敦賀気比)が高校日本代表に。

春の選抜も終了して、 世の中は新年度や花見の季節。 よく考えてみると、 春の選抜の時点での

記事を読む

黒田初勝利。我慢の投球で無失点。マエケンとの違いを見た気がする。

開幕3戦目は、予定どおり黒田の先発。 日本でのマウンドは、8年ぶりでした。 黒田個人の影響と

記事を読む

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2019年2月
    « 6月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑