*

明治大学法科大学院 憲法学者・青柳幸一教授は女好き!司法試験漏洩で告発!

公開日: : 最終更新日:2015/09/09 ニュース

司法試験問題漏洩を認めた青柳教授は女好きで有名だった

明治大学法務研究科(法科大学院)の専任教授である青柳幸一氏が、教え子の受験生(女性)に試験問題の一部を漏洩した疑いと報道されていましたが、疑惑ではなかったようです。教え子の女性は2回目の受験であり、恋愛感情のあった青柳教授はなんとかしたかったんだとか。

青柳幸一教授は、漏洩の事実を認めて、司法試験委員を解任となります。また、情報提供を受けた女性は、今回の司法試験の採点対象から除外されて、以降5年間は司法試験を受験することを禁止という処分です。法曹として生きていくのも、それ以外で生きていくのも、事実上はかなり厳しい状況になったといえるでしょう。

青柳幸一教授の経歴は、獨協大学法学部卒業後、慶應義塾大学法学研究科を経て学者になられています。横浜国立大学院国際経済法学研究科の教授と筑波大学法科大学院教授を歴任されています。
また、司法試験委員には、2002年から旧司法試験、2005年から新司法試験委員になっていらっしゃるので、それなりの社会的評価をえられている先生です。筑波ロー・ジャーナルには、お写真が掲載されています。

明治大学の法科大学院OBの話によると、青柳教授は女好きで有名だったそうです。お気に入りの女子学生を高級な飲食店に連れて行くことは周知の事実だったとか。女性の学生の中には、それが嫌で授業を取らない人もいたというのですから、相当なしつこさだったんでしょうかねぇ・・・。

漏洩は、新司法試験の問題が凝縮されている

当然ながら、試験漏洩はゆゆしき問題なのですが、新司法試験の性質上、こういう傾向になってしまうのも事実。過去には、慶應義塾大学のロースクールで漏洩騒ぎがありました。

昔のいわゆる旧司法試験でも、問題作成者は法律学者でした。法務省が選んだ学者が問題を作成し、大部分の学者は有名大学の先生方。たまに、「ん?どこの大学?」という先生もいましたけどね。

ただ、新司法試験と大きく異なるのは、法科大学院にいかなくても受験できたことです。もう一つは、どちらかというと大学の勉強より、受験指導校(司法試験の予備校・専門学校)の勉強が重視されていたということです。

新司法試験では、高い学費を払って、ロースクールに進学・修了しなければ、試験を受けることができません。また、各ロースクールの合格実績がそのまま、今後の学生獲得に大きく関係してくることが、問題漏洩のもっとも大きな原因と言えるでしょう。まぁ、分かりやすくいうと、昔でいう受験指導校がロースクールになったような部分があるわけですよ。実際に、ロースクールの中には、学生を集めることができなくて、つぶれた学校もあるのです。

昔から、司法試験委員の講義を受講するのは、その先生の問題意識がわかるので受験に役立つといわれてきました。しかし、大学の法律学習と受験対策は一線を画するものであり、受験対策に大学をあてにする人などいなかった。また、大学教員の中に、司法試験合格者を絶対視する人も多くはありませんでした。

現在は、大学=ロースクール≒予備校 となってしまい、大学側も司法試験の合格実績を気にするようになってしまったわけです。そうなると、今回のようなことが起こってしまいかねないのかなと・・・。

関連記事

町村前衆議院議長が死去した病院は?本当に脳梗塞?総裁選出馬時は、医者つきっきりだった。

自民党の町村信孝前衆議院議長が 5月30日午後2時過ぎに 亡くなられたそうですね。 ご冥福をお

記事を読む

上西氏という身内の不祥事をもアピールにかえる橋下徹代表

たびたびになりますが、 浪速のエリカ様のお話です。 上西小百合衆議院議員と 橋本徹大阪市長の記

記事を読む

上戸彩の妊娠発表は昨年12月?HOROとの離婚危機は解消か。

女優の上戸彩さんが ついに妊娠されたそうですね。 ご結婚されたのが27歳の誕生日で 201

記事を読む

上西小百合衆院議員、浪速のエリカ様らしく、国会休んで男性秘書と旅行?前日はショーパブ?

衆議院議員である上西小百合氏 (維新の党・比例近畿ブロック) が、国会本会議をずる休みして

記事を読む

科研費不正受給で日本学術振興会の適当さが暴露?悪いのは北大教授夫妻だけじゃない?

文部科学省管轄の 日本学術振興会が交付している 科学研究費補助金を 不正受給したということ

記事を読む

松野明美氏、熊本県議会議員トップ当選。フルマラソンでいうスタートライン。

元マラソン競技の有名選手で 引退後はタレント活動をしていた 松野明美氏(前熊本市議会議員)が

記事を読む

上重アナ 松坂ボールを横流し報道 本当に厚意をお金に?

日本テレビの上重聡アナウンサー、 また、疑惑がでてきたみたいですね。 先日、 ABCマート

記事を読む

マタハラ被害者支援で、小酒部さやかさんが勇気ある女性賞。

何やら、最近、○○ハラスメント っていうのが流行っているみたいです。 セクハラ・パワハラくらいま

記事を読む

上西小百合 浪速のエリカ様が写真集発売!葉加瀬マイにそっくり?

上西小百合と葉加瀬マイが似ている! 元維新の等所属で、

記事を読む

米倉涼子、モラハラで会社社長と離婚間近か。妊娠は諦めた?

米倉涼子さんが、昨年12月26日に 広告代理店社長と電撃入籍されたのは 記憶に新しいですよね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2018年4月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑