*

司法試験漏洩 女性は2回目の受験 恋愛感情で青柳幸一明治大学教授は三振抑止の指導!

公開日: : ニュース

女性びいきのブルー卿、筑波大でも漏洩?三振防止の個人指導!

明治大学法科大学院の青柳幸一教授が、司法試験受験生の教え子(女性)に試験問題を漏らした事件は周知のとおりです。漏洩が明るみに出た原因は、漏洩がない限り不可能な答案だったから、ということのようです。

女性が司法試験を受験したのは2回目だったということなので、なおさら目立ったんでしょうね。失礼な言い方になりますが、分かる人からすれば「おいおい、あなたのレベルでこの答案」ということだったんでしょう。

新司法試験では、ロースクールを卒業して5年以内に3回目までの受験で合格しないと、法曹になることはできません。3回目の受験で落選すると、法務博士という学位はもらえますが、それだけになるのです。こういう方のことを俗に「三振博士」と呼んでいます。青柳教授は、2回目の受験である女性を何とかしたかった、恋愛感情があったと言っているそうです・・・。

ここで気になるデータなのですが、青柳教授が明治大学の前に在籍した筑波大学の法科大学院では、青柳教授が退官されてから、合格率がかなり落ちているそうなのです。これが偶然でなければいいのですが・・・

  • 2010年⇒受験者43人・最終合格者11人・合格率25.6%
  • 2011年⇒受験者55人・最終合格者4人・合格率7.3%

三振制度はロースクール維持のため?

旧司法試験の合格者は500名程度、合格率3%~5%と言われた時代に比べると、現在の司法試験は、かなり難易度は下がったと言わざるをえません。

昔の司法試験合格者は、埼玉県和光市の司法研修所で給料をもらいながら2年間の司法修習という過程をへて法曹三者になっていきました。司法修習の成績が優秀な人は、裁判官や検察官にスカウトされたとも聞きます。

この司法修習という制度では、法曹育成のキャパに限度があり、今後合格者を増やしていくことが困難であること、それと受験指導校(予備校)による勉強を排除していくことを目的に、ロースクール制度が始まりました。司法修習にお金がかかることも、ロースクールに切り替わった理由の一つです。司法修習のコストをロースクールという形で受験生に負担させる面もあったわけです。

そういう事情ならば、わざわざ三振制度を設ける必要がなかったのでは?と思うのですが、これにも理由があったと言われています。三振制度を設けることで、司法試験合格者の合格率を高め、ロースクール制度の維持を図ったのではないかというのがその理由です。ただし、新司法試験制度においても、平成23年から予備試験制度がもうけられて、ロースクールに行けずとも、司法試験を受験できる道はできたわけですがね・・・。

関連記事

川島なお美さん54歳で死去…鎧塚俊彦氏が発表 失楽園出演は枕営業?

川島なお美といえば失楽園、最後まで女優だった。胆管癌によ

記事を読む

8月14日の安倍談話 安保法制・軍国主義・核武装と結び付けられるかな?

戦後70年談話 2015年8月14日夕方に閣議決定後、記者会見発

記事を読む

上西小百合 浪速のエリカ様が写真集発売!葉加瀬マイにそっくり?

上西小百合と葉加瀬マイが似ている! 元維新の等所属で、

記事を読む

安倍首相 ニッポン放送・ザボイスに緊急生出演 青山繁晴と共演

7月23日にニッポン放送で放送される「ザ・ボイス そこまで言うか

記事を読む

福山雅治の結婚相手・吹石一恵は近鉄吹石の娘!千原ジュニアに続き9月28日入籍!

吹石一恵が誕生日婚!福山雅治と入籍! 2015年9月2

記事を読む

上西小百合衆院議員、浪速のエリカ様らしく、国会休んで男性秘書と旅行?前日はショーパブ?

衆議院議員である上西小百合氏 (維新の党・比例近畿ブロック) が、国会本会議をずる休みして

記事を読む

2015年秋「シッチーのチャリティフェア」は11月13日~15日

東京モノレール・流通センター駅は中国人だらけ シッチー

記事を読む

通州事件記念館はないが、南京大虐殺記念館・731部隊記念館・安重根記念館は存在する

2015年8月14日の安倍談話で、日本は国際連盟から脱退して

記事を読む

元大関・貴ノ浪の音羽山親方、43歳の若さで死去。ライバルは武蔵丸。

貴ノ浪関は各界のジャイアンツだった藤島部屋所属 大

記事を読む

上重アナ 松坂ボールを横流し報道 本当に厚意をお金に?

日本テレビの上重聡アナウンサー、 また、疑惑がでてきたみたいですね。 先日、 ABCマート

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2019年2月
    « 6月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑