*

敦賀気比、満塁HR2本で大阪桐蔭に圧勝。昨夏の雪辱。

公開日: : 最終更新日:2015/04/02 野球

本大会で一番楽しみな試合でした。

夏春連覇を狙う今大会の横綱・大阪桐蔭

一方、昨夏の雪辱なるか敦賀気比

まぁ、選手たちは雪辱とかじゃなくて

単純に勝ちたいだけだと思うけど。

大阪桐蔭は、エース田中投手

敦賀気比も、エース平沼投手と

両エースの先発でした。

ちなみに、両投手とも、

センバツでは3試合を完投しています。

 

試合前の選手紹介を改めて見てみると

敦賀気比は京都のシニア出身者が

非常に多いようですね。

エースの平沼投手と

センターの山本選手が

福井のシニア出身。

それ以外は、

京都・静岡・奈良・和歌山・石川と

色々な選手がいますが、

ベンチ入り18人のうち、

8人が京都の出身者です。

どうして京都なんだろうと思って

冷静に考えてみると

福井県と兵庫県って近いんですよ。

どうしても、

福井は北信越で北の方というイメージ

なので、京都とお隣同士であることに

気づきませんでした。

 

本題の試合のほうですが、

開始30分くらいで先が見えてしまう

展開になってしまいました。

 

1回表、敦賀気比の攻撃。

先頭バッター篠原君がレフト前ヒット。

大阪桐蔭の田中投手は、

1塁ランナーをかなり警戒しています。

次のバッターにも慎重に投げていて

落ち着いているように見えました。

2番中井君は手堅く送りバントで

1アウト2塁のチャンス。

3番村中君の時も、田中投手の

ピッチングは変わっていません。

ストレートはアウトコースか

真ん中高めに来ていますが、

たぶんサイン通りだと思います。

変化球も慎重に放っていますが、

それもあってか、フォアボールで

1アウト1塁・2塁になる。

ここで、4番の平沼君です。

1回からいいところで回ってきます。

期待した平沼君は、

結局真ん中高めのストレートで

空振り三振になってしまうんですが、

田中投手はどのバッターにも

ボールを見られているような

印象だったので、

この後どうなるかなあと思っていました。

 

予想通り、

5番山本君にもよく見極められて

フォアボール。

落ちる球も見られている感じで、

見送られた田中投手は苦笑いしていた

ということは、これを見送られると

厳しかったのでしょうね。

満塁のチャンスにバッターは

6番の松本君。

背番号は17番ですが、

今大会では非常に当たっている

バッターです。

このバッターもよく球を見ています。

キャッチボールをしている平沼投手も

しきりに気にしている様子。

ここで点数が入るのと入らないのとでは

大きいですもん、当然です。

松本君が

真ん中高めの球を振り切ったあたりは

左中間へ上がりました。

満塁で2アウトですから、

ランナーはスタートを切っているので、

抜ければ大量点になりますが、

そのまま入ってしまいました。

これまで、田中投手は

要所を抑えてきたので、

ちょっと意外な展開でした。

もしかしたら、

昨夏の乱打戦のような展開になるかも

そんな予感がしました。

 

その裏の大阪桐蔭の攻撃で、

この試合の展開が決まりそうです。

その大事な攻撃は、

三者凡退に終わりました。

まぁ、でも4点差で大阪桐蔭だから

まだまだわからないなぁと思った矢先、

2回も衝撃的な展開が待っていました。

(後半へつづく)

 

 

2回表、敦賀気比の攻撃。

8番の女房役である嘉門君が

左中間へのツーベース。

続く、9番木下君の打球も

意外と伸びてセンターオーバーの

ツーベース。

長打2本で簡単に5点目が

入ってしまいました。

しかも、早くも2回で一巡。

1番篠原君は凡退。

2番中井君のショートゴロで

二塁ランナーが三塁でアウト。

これは、もったいないアウトだし、

判断ミスという要素もあったので、

ここで敦賀気比の勢いが止まるだろう

と思いました。

しかし、3番村中君が三塁打。

4番・5番とフォアボールで、

またしても二死満塁で

バッターは6番山本君です。

 

1回にも感じたことなんですが、

やっぱり、田中投手のボールは

よく見られている感じがします。

それほどストライクとボールが

はっきりしている印象は

なかったのですが、

バッターからすると今日は

見極めやすかったんでしょう。

映像で見ているだけでも

明らかにそう感じました。

そんな中、

6番松本君の二本目満塁弾が

飛び出します。

インコースの直球を

ファウルにならないように

振り切った球は、

ギリギリレフトポール際へ

飛び込みました。

教科書的なインコースの打ち方

だったと思います。

この時点で10-0です。

すかさず、大阪桐蔭は

投手交代となるのです。

1回と1/3で田中投手はノックアウト。

 

結果的には、

フォアボールが目立っていたけど、

制球に苦しんでいる印象は

あまりありません。

しかし、

長打が立て続けに飛び出した

ということは、

甘い球が多かったんでしょうし、

敦賀気比も高めの球を

よく打っていたと思います。

 

敦賀気比は、その後も

3回から7回まで毎回チャンスを

作るんですが

なかなか得点できず。

ちょっと嫌な予感が漂います。

しかし、

やっと、8回にスクイズで

1点追加したことと

平沼君も安定していたので、

ここで勝負ありという感じでした。

 

終わってみれば、

大阪桐蔭は散発の4安打と

完全に抑えられてしまいました。

ちょっと意外な展開でしたが、

敦賀気比が北陸勢で37年ぶりの

決勝進出。

福井商業以来だそうです。

ひと昔前だと、

福井はあまり強くないイメージでしたが、

選手自体は、

何人もプロにいっているんですよ。

 

古くは、阪神の川藤幸三選手。

広島の高橋里志選手あたり。

最近だと、昨年引退した広島の

横山竜二投手は福井商です。

東出選手は敦賀気比で

おそらく今の敦賀気比の監督さんと

同級生じゃないかと。

あとは、

北陸のイチローこと、広島の天谷選手。

去年引退したもうひとりのゆうちゃん

齊藤悠葵(さいとうゆうき)投手

ここ最近はカープが多い気がしますが、

ヤクルトの正捕手中村悠平選手も

福井商業。

そう考えると、

福井出身によその選手が加われば、

甲子園でも上位に勝ち進んだのも

納得かなと思います。

(おわり)

 

関連記事

DeNA貯金10は17年ぶり。黒田5回降板。田中広輔は頼もしいが、一岡は心配。

  5月15日からは DeNA-広島の3連戦。 カープは黒田博樹投手が 中13

記事を読む

ダルビッシュは、筋肉増強剤を使っていれば、手術回避できたのかな。

みなさまご存知のとおり、 ダルビッシュさんは やっぱり手術するそうですな。   そ

記事を読む

開幕一軍メンバー発表、広島カープが今年は注目みたい

もう、今年も、3月26日。 平成26年度が終わろうとしています。   気が付いた

記事を読む

日ハム・大谷初黒星 張本勲は喝を入れる?また飛ぶボールになった?

ついに、日本ハム・大谷投手の 開幕からの連勝記録が 止まってしまいました。  

記事を読む

今日はキムタクの命日。カープ4番は新井さん。

キムタクというと、 一番手はSMAPの木村拓哉さん なのでしょうが、 そこそこメジャーにな

記事を読む

黒田初勝利。我慢の投球で無失点。マエケンとの違いを見た気がする。

開幕3戦目は、予定どおり黒田の先発。 日本でのマウンドは、8年ぶりでした。 黒田個人の影響と

記事を読む

サンデーモーニング 張本勲が黒田日米通算200勝にあっぱれ、広島優勝を予想

巨人はDeNAに抜かれる、広島は優勝で決まりと予想、筒香

記事を読む

くじ確認ミスで高山は阪神 金本監督「ビデオ判定でホームランに覆った気分」

くじ確認ミスで阪神は高山選手、仙台育英・平沢はロッテ、県岐阜商・

記事を読む

カープ初勝利。ジョンソン完璧だが、打線は菊池のHRのみ。

開幕戦の嫌な雰囲気を吹き飛ばす ジョンソンの快投だった。 オープン戦から安定したピッチング

記事を読む

巨人ドラ2の戸根千明は谷繁の後輩。迫力の93キロはフィリピンパワーか。

広島カープが8連敗を喫した 広島-巨人の1回戦。 巨人は、6回まで杉内俊哉投手 7回はマシソン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2018年8月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑