*

マエケン メジャーでソロホームラン 日本では2本、高校通算は27本塁打

公開日: : 野球

前田健太はPL時代、大阪桐蔭の辻内からの死球後に意地のホームランを放つ

広島カープの絶対的エースで2015年は沢村賞を獲得した前田健太投手(現アメリカ大リーグ・ドジャーズ)が、現地で4月6日のパドレス戦に先発しました。

ドジャースは1回表に幸先よく4点を先制したので、マエケンは持っているなぁと思います。広島時代の2014年だと試合を壊すことも多かったですが、広島在籍期間全体を見てみると、チームの打線のために、勝ち星がつかないことも多かったと思います。

マエケンは、1回裏を三者凡退で投げ切り、その後も5回を投げて3安打無失点というピッチングです。6回に2本のヒットを浴びるピンチもありましたが、失点0に抑えました。6回を投げて、奪三振4、被安打5のピッチングです。

4回表には、自分自身でメジャー初ホームランを放っていますし、そういう意味でも持っていると言ってよいのではないでしょうか。

そもそも、広島時代からバッティングは良いと言われていて、同僚の選手会長梵選手からは、打者以上の評価をもらっていました。

日本の広島時代は、2015年と2008年にホームランを放ち、高校のPL学園時代は通算27本塁打を放っているスラッガーでした。いわゆる4番でエースとして大活躍しましたが、甲子園に出場できたのは、3年の選抜のみです。

2015年のホームランは10月2日の中日戦。将来のエース候補ともいえる若松投手からの2ランホームラン。
2008年のホームランは9月28日のヤクルト戦。こちらも当時はヤクルトのエース的存在だった川島亮投手からのホームランです。川島投手はヤクルトの絶対的エースナンバー「17」を背負っていた投手ですが、もう少し活躍できたような気がしています。

特に印象的だったのは、高校2年生の夏です。元巨人の辻内擁する大阪桐蔭高校に破れてしまいますが、5回途中まではPL学園優位の展開でした。1点をリードした状態で、大阪桐蔭から右ひじ付近に死球を与えられ、その後、大阪桐蔭の4番平田(中日)に2ランホームランを浴びて逆転されます。

前田投手は、9回に意地のホームランを放ちますが、及ばずでした。

大阪桐蔭高校には、何かと死球が付きまとうようですが、真相はどうなんでしょうか・・・。

関連記事

松山東と二松学舎の不思議な縁

今回の選抜で、 ある意味最も注目されたのが 松山東高校かもしれません。 偏差値の高い進学校で

記事を読む

日ハム・大谷初黒星 張本勲は喝を入れる?また飛ぶボールになった?

ついに、日本ハム・大谷投手の 開幕からの連勝記録が 止まってしまいました。  

記事を読む

黒田博樹でも勝てず。カープ泥沼5連敗。もう救世主福井優也しかいない。

開幕前の評判が一番高かったと 言ってもいいのが、 1991年以来優勝から遠ざかり、 ここ数年を

記事を読む

敦賀気比、満塁HR2本で大阪桐蔭に圧勝。昨夏の雪辱。

本大会で一番楽しみな試合でした。 夏春連覇を狙う今大会の横綱・大阪桐蔭 一方、昨夏の雪辱なる

記事を読む

巨人 田口麗斗が初先発初勝利。決勝タイムリーも放つおまけつき。19歳6カ月の救世主。

今日14時試合開始の ヤクルト 対 巨人の2回戦は、 ヤクルトのベテラン左腕 小さな大投手

記事を読む

黒田3安打120球完封 10年ぶりの巨人戦完封

2016年4月2日の巨人対広島の2回戦は、広島の黒田投手がジ

記事を読む

大リーグ開幕。ヤンキース田中将大投手は3回に5失点。

いよいよ、大リーグも開幕。 日本では、ヤンキースの開幕投手が 田中将大投手になったことで 話題

記事を読む

巨人のユニフォーム

ああ、もう3月になってしまった。 ああ、もう2015年になってしまった。 年を重ねるにしたがって

記事を読む

黒田初勝利。我慢の投球で無失点。マエケンとの違いを見た気がする。

開幕3戦目は、予定どおり黒田の先発。 日本でのマウンドは、8年ぶりでした。 黒田個人の影響と

記事を読む

カープ7連敗後の2連勝。マエケン7回無失点で初勝利。中崎、ヒースで締めた。

今日は、 G 菅野智之投手 C 前田健太投手 のエース対決。 結果は1-0の最少得点差で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2019年8月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑