*

大阪桐蔭は故意死球のはじまり

公開日: : 最終更新日:2015/04/02 野球

ぼちぼち

春のセンバツ高校野球が始まる季節。

 

顔ぶれをみると、

21世紀枠を除外すれば、

だいたい見たことある名前です。

 

21世紀枠の松山東高校が

超進学校だとかいって

話題になっているようですが、

何を言っているんだって感じです。

 

静岡代表の静岡高校は

それこそ地元一の進学校ですけど、

それなりに甲子園に出ていますよ。

 

しかし、静高はどうして

あんなにスポーツが強いのか。

もしかしたら、

定時制があるからなのだろうか。

地元民じゃないので、わかりませんが。

 

今年は、県立岐阜商の投手が

注目されているみたいですね。

ただ、今回に限った話ではないと

思うのですが

昔みたいに、絶対的な優勝候補が

いないような気がします。

 

今はあまり出場しないけど、

甲子園と聞くと、

こんな学校を思い浮かべるものです。

箕島

広島商

PL

池田

天理

帝京

他にももちろん、

強い学校はたくさんありますけど、

ぱっと思い浮かび、

継続して強かった学校という記憶が強い

学校なのでご勘弁を。

 

ところで、

ここ最近、大阪の高校野球の勢力図も

変わってきましたよね。

PL、近大付属、上宮よりも

圧倒的な力を見せつけているのが

大阪桐蔭です。

あとは、履正社も強いですね。

 

大阪桐蔭というと、

数多くのプロ野球選手を生み出していて

日本の代表的な4番である中田選手も

ここの学校出身です。

 

今回の甲子園でも

夏春連覇がかかっていますし、

一般的には、高校野球界の

ベビーフェイス的存在に思えます。

 

しかし、高校野球に

少しでも興味がある人なら

決してベビーフェイスではないことは

有名な話じゃないかと思います。

(後半に続く)

 

 

大阪桐蔭は、

なぜか与死球が多い学校なんですよ。

しかも、試合の状況が劣勢の時に

よく死球が出るんです。

 

一番有名なのは、

日本のエース前田健太投手が

PLのエースだったころの話です。

2年生の頃の話。

平田・辻内、中田翔を擁する大阪桐蔭は

リードするものの、1-0。

マエケンに抑えられていたんですが、

6回にマエケンに死球を与えます。

直後に、平田が2ラン。

死球の後は、

明らかに調子を崩していたようです。

 

その他、甲子園でも、

結構大事なところでの・・が多いんです。

言いたくないけど、言いたくなりますよ。

 

代表例は次のとおりです。

2013年春(第85回選抜)の

大阪桐蔭 対 県立岐阜商

6回表で4-5で劣勢の場面、

投手に死球を与えています。

しかも、その打席前に

捕手がタイムをとって

何やら指示を出していたりします。

捕手が投手のところに行って

DEDOボールと発言したのが、

テレビで映ってしまったとか。


2013年夏(第95回)の

大阪桐蔭 対 日川

5回表で0-1で劣勢の場面も

投手に死球を与えています。

 

2014年夏(第96回)の

大阪桐蔭 対 敦賀気比

1回表に敦賀気比が5点をとり、

大阪桐蔭が2回裏に3点、

3回裏に2点をとり同点になる乱打戦。

4回裏に5点を取り逆転して

5回表、2死1塁からピッチャーに死球。

 

実際に、故意死球じゃないかということで

直接、捕手に取材した方もいらっしゃるようです。

スポーツライターの

田尻賢誉さんという方みたいなのですが、

取材時の対応はこんなもんだったそうです。

「あんた、野球知っているの?」

「書きたければ、勝手に書けば。」

故意かどうかはわかりませんが、

死球が多いのは事実かと。

 

脱線しますが、

故意死球番外編としては、

やっぱりこの人しかいません。

そうです。

東尾修投手です。

昔のパリーグは、東尾投手だけでなく、

結構当ててやるような

雰囲気があったと思いますよ。

 

あとは、WBCの時の韓国戦。

福留のホームランの直後にあった

小笠原へのデッドボールも印象深いです。

あれは、明らかに故意と思えるなぁ。

たぶん、韓国側は

逆に日本を責めるかもしれませんが、

主審が警告試合にしたことを

きちんと認識してほしいものです。

(おわり)

 

関連記事

ダルビッシュは、筋肉増強剤を使っていれば、手術回避できたのかな。

みなさまご存知のとおり、 ダルビッシュさんは やっぱり手術するそうですな。   そ

記事を読む

カープ 6時間21分かけて、マエケン・大瀬良・中崎出して巨人のサポート

広陵出身の小林誠二が決勝タイムリー 2015年

記事を読む

ハリル監督は、いつから再生工場になった?

今日は、ハリルジャパンの初陣。 チュニジア戦ですよ。 プロ野球も開幕ですし、 どっちを見れ

記事を読む

日ハム 斎藤佑樹4失点KO・カープ 福井7回無失点で連敗ストップ 早大投手明暗・・・

今日の広島-中日戦では、 福井優也投手が先発、 日ハム-楽天戦では、 斎藤佑樹投手が先発でした

記事を読む

サンデーモーニング 西武・秋山を張本はどう評価?パリーグ投手に喝?

西武ライオンズの秋山と聞くと、秋山幸二を思い出す世代なんですが、

記事を読む

ロッテ 田中英祐投手が京大初の1軍先発か。2軍で防御率0.00。

今日は、東京六大学野球の開幕ゲーム。 東大野球部が、はたして連敗を 止められるかが見所ですね。

記事を読む

東海大相模 吉田・小笠原のリレーで決勝進出 関東一に快勝・オコエは1安打 2三振

東海大相模 1回10球で4点先制・10-3で関東一に快勝・決勝戦

記事を読む

カープ、泥沼7連敗。また延長で敗戦。大瀬良は9回に力尽き、一岡はまた負け投手。

今日は、キムタク選手の命日ですが、 キムタク選手はどっちを 応援しているんだろうか そう考えて

記事を読む

大リーグ開幕。ヤンキース田中将大投手は3回に5失点。

いよいよ、大リーグも開幕。 日本では、ヤンキースの開幕投手が 田中将大投手になったことで 話題

記事を読む

カープ初勝利。ジョンソン完璧だが、打線は菊池のHRのみ。

開幕戦の嫌な雰囲気を吹き飛ばす ジョンソンの快投だった。 オープン戦から安定したピッチング

記事を読む

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2019年1月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑