*

カープ7連敗後の2連勝。マエケン7回無失点で初勝利。中崎、ヒースで締めた。

公開日: : 野球

今日は、

G 菅野智之投手

C 前田健太投手

のエース対決。

結果は1-0の最少得点差で

カープが連勝。

マエケン投手は、今季初勝利。


これで、

カープも波に乗れるかな

と言いたいところですが、

厳しい戦いが続くと思います。

両チームとも、やっぱり、

打線に元気がありません。

ピッチャーが抑えている

という見方もできますが、

打線の印象が強いですね。


カープは7連勝のあとの

2連勝ということで

とりあえずはよかったかな、

と思うんですが、

昨日の決勝点は、

マイコラスのワイルドピッチ

今日の決勝点は、

内野ゴロの間の1点ですよ。


そういう事情で、

二連続でヒーローインタビューは

先発投手。


次回のヒーローインタビューには、

ぜひ、野手がお立ち台にたって

ほしいものです。


ちなみに、

ヒーローインタビューでは

今季のマツダスタジアムの試合で

前田選手がTシャツに絵をかいて

プレゼントしてくれるという宣言

がありました。

マエケン選手曰はく

自分は絵が得意だということですが、

実際は・・・


あとは、4月11日に

マエケン選手は27歳になるのですが、

インタビュアーのアナウンサーが

「23歳の誕生日」と間違う

パプニングがありました。

アナウンサーさんは、

すぐに修正しましたが、

「精神年齢は23なので」

「いつまでも若手でやります」

とフォローしていたマエケン選手は

いいヤツだなあと思いましたね。


いいやつと言えば、

巨人・広島1回戦で、

9回に天谷選手の落球がきっかけで

同点に追いつかれた大瀬良投手が

ベンチに引き揚げる天谷選手の

肩をたたいていたのも

非常に印象的でした。

(後半へつづく)

 

 

今日の投手成績は、

次のとおりとなっています。


前田健太投手

7回失点0・被安打6・奪三振2


菅野智之投手

8回失点1・被安打7・奪三振6


数字を見ると互角なんですが、

菅野の方が4回5回あたりからは

安定しているように感じました。

そして、

今日のカープのオーダーは

次のとおりです。


—–

1番 サード 安部友裕

2番 セカンド 菊池涼介

3番 センター 丸佳浩

4番 レフト ロサリオ

5番 ファースト 松山竜平

6番 ライト 野間峻祥

7番 ショート 田中広輔

8番 キャッチャー 石原慶幸

9番 ピッチャー 前田健太

—–


1番に1軍に昇格したばかりの

安部選手が入りました。

あとは、マエケンなので

キャッチャーは石原選手。


安部選手を起用したので、

また監督の気まぐれなのか?

と思ってしまいそうですが、

実はそうではないのです。

安部選手は、昨年・一昨年と

菅野選手との対戦打率が

4割を超えています。

その相性を考えたことは

もちろんなのですが、

ファームでしっかり結果を残した

ことが一番の要因だったそうです。


結果的には、これが大当たり。

1回の決勝点は、

丸選手のセカンドゴロの間に

3塁ランナーが帰ったのですが、

そもそも、1・2番でチャンスを

作っていたのです。


1番の安部選手が、ライナーでの

ライト前ヒット。

2番の菊池選手は、送りバントと

見せかけておいて、

バスターエンドランで

三遊間を破るレフト前ヒット。

そして、丸選手の内野ゴロで

これが決勝点という結末。


安部選手は3回にも先頭バッターで

二遊間を破るセンター前ヒット。

菊池選手は、今度こそ送りバント

その後、丸・ロサリオと

菅野投手がフォアボールを出して

満塁のピンチ。

この場面、松山選手をセカンドゴロの

ゲッツーにしとめた菅野投手、

思わず右手をあげてのガッツポーズを

でした。

この後、菅野投手は少しずつ

立ち直っていった感じがしました。

実際に、4回以降は

2塁を踏ませていませんしね。


一方、前田選手も苦しピッチング。

3回にフォアボール2個でつくった

ピンチを抑えたとき、

こちらもガッツポーズがでました。

ヒーローインタビューでも

言っていましたが、

今日はとにかく勝つことだけを

考えていたのでしょう。


今日の巨人のヒットは、

以下のとおりなんですが、

今季初スタメンの金城選手が

非常に活躍しています。


—–

2回(前田健太)

阿部 ショート内野安打

亀井 センター前ヒット


4回(前田健太)

井端 ライト前ヒット


5回(前田健太)

金城 ライト前ヒット


6回(前田健太)

高橋由 センター前ヒット

7回(前田健太)

金城 ライト前ヒット


9回(ヒース)

村田 レフト前ヒット

—–

昨日は、

片岡選手が大活躍でしたが

勝利には結びつかず、

今日も

金城はフォアボールを含めて

3回も出塁したんですが、

勝利できませんでした。

見事にヒットは散発ですね。


明日は、

巨人がヤクルト(東京ドーム)

広島が阪神(甲子園)

との対決です。

(おわり)

 

関連記事

PLの4番 マエケン 3回2ラン!7回無失点で15勝目 最多勝?CSは阪神次第!

元PLの4番・前田健太、生涯2本目の2ランホームラン!

記事を読む

黒田3安打120球完封 10年ぶりの巨人戦完封

2016年4月2日の巨人対広島の2回戦は、広島の黒田投手がジ

記事を読む

ダルビッシュは、筋肉増強剤を使っていれば、手術回避できたのかな。

みなさまご存知のとおり、 ダルビッシュさんは やっぱり手術するそうですな。   そ

記事を読む

東海大相模 45年ぶり優勝 エース小笠原が決勝ホームラン 仙台育英、1年生・西巻航大の起用当たる

原貢監督以来の優勝、2枚看板の東海大相模 第97回

記事を読む

大瀬良大乱調 エラーあり 拙攻13残塁。収穫は中継ぎ陣かな。

3月31日の広島対横浜戦 いやあ、ひどい試合でした。 点数だけみると、 7-6で横浜の勝ち

記事を読む

カープ初勝利。ジョンソン完璧だが、打線は菊池のHRのみ。

開幕戦の嫌な雰囲気を吹き飛ばす ジョンソンの快投だった。 オープン戦から安定したピッチング

記事を読む

斎藤佑樹、唐川と仲よく2軍落ち、登録抹消。このままじゃ、トレード要員

4月2日の日本ハム対ロッテの試合、 先発した日本ハムの斎藤佑樹投手が 4回1/3の5点リードの状

記事を読む

カープ 7度目で延長戦初勝利。菊池サヨナラホームラン。4番新井もホームラン。

マツダスタジアムでの 広島-ヤクルトの8回戦は セ・リーグの最下位攻防戦です。  

記事を読む

黒田6回2失点。新井決勝打でカープ3連勝。G田口麗斗同様、黒田もタイムリー。

広島カープが7点取るのを 久しぶりに見ました。 少なくとも、今シーズンでは 最多得点になる

記事を読む

甲子園初出場 大阪偕成は鶴田浩二の出身校! 貧乏野球部のユニフォームの理由とは?

大阪桐蔭を破った大阪偕成は、鶴田浩二の出身校 第97回

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2018年8月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑