*

張本勲 カズの次はまた二刀流 大谷翔平へ苦言?5年でダメ?投げ込み 走り込み必須?

公開日: : 野球

今日の日ハム-ロッテ戦

二刀流の大谷翔平選手は

3番DHで起用されました。


しかも、3回表のツーアウト

満塁の絶好のチャンスで、

ロッテの左腕木村雄太投手から

レフトへの

2点タイムリーツーベースヒット。

その後、4番中田翔が

スリーランホームランで

一挙に5点をあげる

ビッグイニングとなり、

試合も8対2で日ハムが勝利。

中田選手は、

7回にも2ランを放つと言う

おまけもつきました。

というわけで、

平成の

O(大谷翔平)

N(中田翔)

とも言われる

このクリーンナップが

大活躍の一日でした。

今さら気づいたのですが

「翔」平 と「翔」

という共通点もあったんですね。


しかし、

平成のONなんて言葉を

使ってしまうと、

また騒ぎ出しそうな野球評論家が

ひとりいらっしゃいます。

そうです、張本勲さん。

先日のサンデーモーニングでは

三浦知良選手に対して

・もうお辞めなさい

・J2でプレーしても

 魅力的ではない

・後進に道を譲るべき

と発言して、

物議をかもしました。


それに対して、

キングカズ選手は、

・光栄です

・もっと活躍しろと

 いわれているんですね

・激励だと思ってこれからも

 頑張ります。

とコメントされました。


このカズ選手のコメントで

分かるとおり、

張本勲さんが、カズ選手について

コメントするのは

初めてなわけです。


一方、張本勲さんから、

ず~っと、苦言を呈されている

選手が、

二刀流の大谷翔平選手なんですよね。

(後半つづく)

 

 

張本勲氏は、大谷選手が

入団した当初から、

・二刀流は無理

・両方は体力が持たない。

・二刀流を続けると、どちらか

 中途半端で終わる。

と二刀流反対の立場でした。


ただ、二刀流反対の考え方に

変わりはないようですが、

大谷選手の実績もあって、

その発言は少しずつ

トーンダウンしてきたようです。


———————

・両方やるのなら、

 投手で15勝つように。

・メジャーにいくのなら、

 どちらかに決めるべき

———————–


もちろん、張本勲氏の意見に

一理あることは確かです。

ただ、その根拠を聞いたときに、

あまり理屈で物を

考えていないのかなと思わせる

発言があるのです。


——————-

・投手は投げ込みが必要

・投手は走り込みが必要

・特に3年目までは、

 投げ込みと走り込みが

 必要

・金田正一さんや

 杉下茂さんが

 そのようにおっしゃっていた

———————

このコメントを聞くと、

私の場合は、

ちょっとがっかりしますし、

やっぱりなぁ、とも思います。


おそらく、張本勲氏の時代は

先輩のおっしゃることが

絶対的な意味を持っていた時代

なんだろうなぁ

と改めて思うわけです。


投手には投げ込みが必要

という側面もあるだろうし、

走り込みが必要

という側面もあると思いますが、

その投げ込み・走り込みを

半ば絶対的なものと

認識しているところが

問題だと考えます。


確かに、

投げ込みと走り込みには

投手に必要な要素が

少なからず存在するのでしょう。

しかし、

その投げ込みと走り込みに

どのような意味があって、

どうして投手の成績向上に

つながるのかを認識していないと

時間の浪費になるとは

思わないのだろうか。


時間の浪費と言っては、

言い過ぎかもしれませんが、

少なくとも、

効率的な強化方法とは

言い難いのです。


投げ込み・走り込みを

半ば強要するような考えは、

練習中に水を飲んだらダメ

ウエイトトレーニングは

体を堅くするからダメ

使えない筋肉になるからダメ

という考え方と

なんら変わりありません。


投げ込み・走り込みが

最も重要な要素だとしたら、

それこそ、

昨日、心臓疾患を告白した

藤井秀悟投手なんて、

ピッチャーを辞めろ

って話になってしまいます。


それともう一つ、

張本勲氏の最近の発言だと

こんなものもあります。


——————–

・大谷が2勝したけど、

 あれぐれいの球を

 打てる選手が少ない。

・打てるのは、

 西武の中村

 オリックスの糸井

 ソフトバンクの内川、柳田

 くらいしかいない。

・早くピッチャーやれと

 何度も言っているだろう。

・そうじゃないと、

 肩壊しますよ。

・絶対に5年でダメになる。

———————–


これを聞くとさらにがっかり。


なぜ肩を壊すのか

なぜ5年でダメになるのか

その根拠というのは、

前述の投げ込み・走り込みは

金田正一さんや杉下茂さんが

絶対だと言っていたもんね!

というレベルの

根拠でしかないと

考えられるからです。

全くナンセンスで失礼な

お話だと私は思います。


また、

これは張本さんに限った

話ではありませんが、

大谷投手のように

160キロを投げる投手は

いないから

投手に専念すべきである

という意見がありますよね。


この意見は

160キロ投げる大谷投手が

あたかも天賦の才のみで

そうなったかのような印象を

与えてしまっている部分が

あると私は思います。


しかし、

先日明らかになった

花巻東高校の「目標達成用紙」

を見てみると、

160キロを出したのは、

決して天賦の才のみではないことが

明明白白になってきます。

 

ootani

 

この目標達成用紙、

多少は形式は違うものの、

ビジネスの世界で使われている

有名な目標達成シートの類と

コンセプトは同じもので、

びっくりしました。

私は、社会人になってから

このように自分の目標を

具体的に設定することの重要性と

実際に可視化することの重要性を

知ることとなりました。

それなのに、

高校時代からこういう方法を

知っていたのなら、

狙って160キロが出せるわけですよ。


大谷選手のヒーローインタビューの

コメントを聞いていると

年相応に聞こえてこなかった理由も

分かったような気がしました。


次回の張本氏の大谷選手に対する

発言が楽しみでなりません。

(おわり)

 

関連記事

東大惜敗 13年ぶり勝ち点ならず!法大に1勝1敗 3回戦は宮台先発?

東大野球部、2002年以来の勝ち点奪取はならず。法大に4―6で惜

記事を読む

DeNA貯金10は17年ぶり。黒田5回降板。田中広輔は頼もしいが、一岡は心配。

  5月15日からは DeNA-広島の3連戦。 カープは黒田博樹投手が 中13

記事を読む

日ハム・大谷初黒星 張本勲は喝を入れる?また飛ぶボールになった?

ついに、日本ハム・大谷投手の 開幕からの連勝記録が 止まってしまいました。  

記事を読む

カープとまらず泥沼6連敗。またサヨナラ負け。福井はまずまず。リリーフが守れない・・・

プロ野球が開幕して1週間。 セリーグは、 全チームが8試合を消化した時点で、 順位はこのように

記事を読む

神村学園(鹿児島)も第二大阪代表だった

前回、大阪出身者の野球越境入学が 多いことをお話したわけですが、 結構、意外な学校にも大阪出身が

記事を読む

カープ、泥沼7連敗。また延長で敗戦。大瀬良は9回に力尽き、一岡はまた負け投手。

今日は、キムタク選手の命日ですが、 キムタク選手はどっちを 応援しているんだろうか そう考えて

記事を読む

斎藤佑樹 今季初勝利!6回5安打1失点2四球全77球!ソフトバンクV阻止

日本ハムの斎藤佑樹投手が2015年9月16日のロッテ戦で今季

記事を読む

カープ 7度目で延長戦初勝利。菊池サヨナラホームラン。4番新井もホームラン。

マツダスタジアムでの 広島-ヤクルトの8回戦は セ・リーグの最下位攻防戦です。  

記事を読む

斎藤佑樹、5点リードで、えっ、交代なの?

どうして パリーグは平日の昼に試合をするのか。 まだ春休みだからなのかな。 佑ちゃんの今季

記事を読む

コリジョンルールで広島カープ赤松がサヨナラ打、菊池が生還

コリジョン適用サヨナラは初。キャッチャー上本の左足が原因か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2018年8月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑